カードリスト / 第3弾 / / 陳寿


武将名ちんじゅ しょうそ志を綴る者
陳寿 承祚「かつて三つに分かれていた天下・・・・・・
      その物語を、ここに記そう」

「三国志」の著者。はじめ蜀に使えたが、黄皓に逆らったため免職される。後に同門だった羅憲の推挙を受け、司馬炎から史書の編纂を命じられた。たびたび免職の憂き目に遭うも「三国志」編纂を成し遂げ、高い評価を得た。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力1 知力9 征圧力2
官職文官
特技防柵
将器知力上昇 征圧力上昇 守城術
計略誘醒の教え最も武力の高い晋の味方の知力が上がり、効果中の自軍の覚醒ゲージの上昇量が増える
必要士気3
Illustration : 一徳Character Voice : 子安武人


正史の著者は、晋勢力で参戦。
如何にも文士と言った感じの佇まいからのさんぽけイラストはある意味必見。
実は通常絵をよく見ると帽子の飾りがGペンやスプーンペンだったりとこの段階で漫画家風だったりする。

スペックはかなり知力寄り。晋軍ではたった3人しかいない防柵持ちだが武力1がかなりつらいところ。
知力9にして伏兵を持たないのが残念だがさすがにやむなしか。
将器は覚醒するなら守城術が無難。乱戦はまともにできない為、敵の攻城を牽制できるのはかなり大きい。

計略「誘醒の教え」は投げ知力強化。
知力上昇値は5、効果時間32.2c、知力将器で37.3c、知力依存1.7c。
更に覚醒ゲージの上昇速度を上げる効果も付いている。通常時間内で覚醒ゲージが62%程増える(Ver.2.5.1C)
士気3ながら敵計略の耐性を上げつつ覚醒ゲージを増やせるのは地味ながら強力。

ただし難点もある。
一番の問題は効果が勢力事情と少しずつ噛み合わない点だろう。
覚醒ゲージ上昇を活かすためにはなるべく序盤で使いたいが、早く使いすぎるとコンボにする前に効果が切れてしまう。
コンボに繋げないと士気3を丸々覚醒ゲージ上昇に当てたことになるわけで、士気差ができてしまう。
序盤から中盤にかけてが辛い晋にとってこの士気差は地味に痛い。

またコンボを意識して中盤以降に使うのも少々悩ましい。
というのも参戦時点での晋には士気5で優秀な計略が多数揃っているため、それらを繋げるだけで強力な立ち回りが可能となっている。
晋軍自体が特別知力依存が高い計略に乏しいのも拍車をかけている。

いかに無駄使いせずにこの計略を使いこなせばいいのかをよく考えてデッキに採用していきたい。

登場バージョン

Ver.2.0.0A

修正履歴

Ver.2.1.0D 覚醒ゲージ上昇値増加 総上昇量40%→62%
Ver.2.5.1C 知力上昇値増加 +4→+5

Menu

最新の20件

2019-11-22 2019-11-21 2019-11-20

今日の20件

  • counter: 27682
  • today: 10
  • yesterday: 29
  • online: 71