カードリスト / 第3弾 / / 鍾会


武将名しょうかい しき野心の知将
鍾会 士季「頂点以外に、
  俺にふさわしい場所があるか?」

鍾繇の末子。神童と名高く、若くして司馬一族に重用された。期待に違わず軍政両面で活躍したが、溢れる野心を司馬昭や王元姫に警戒された。蜀を滅ぼす大功を挙げた鄧艾を貶め、降将の姜維と共に反乱を企むが、人心を得られず失敗に終わった。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力6 知力6 征圧力1
官職武官
特技攻城 覚醒
将器兵力上昇 突撃術 迅速攻城
計略翻意の号令味方の武力が上がる。ただし征圧する領域が反転する
必要士気5
Illustration : 塚本陽子Character Voice : 櫻井孝宏


三国末期の野心家・鍾会。
すっかり各媒体で高慢ナルシストキャラが定着しているが、三国志大戦でもそれは避けられなかったようだ。
(現シリーズの前に販売していた三国志大戦TCGの時点で既にそんなキャラ付けがされていたが)

晋軍登場時にはたった2枚しか存在しなかった2コスト騎兵。
覚醒持ちの例に漏れず、開幕は1.5コスト並みのスペックだが、覚醒レベル3では8/8/3攻城騎兵と2.5コストに匹敵する能力になる。
将器は難しいところだが、どれも特段必要と言うわけでもない為好みで決めて構わない。

計略「翻意の号令」はデメリット付きの号令。
範囲内の味方の武力が+6されるが、翻意の計を喰らった時のように征圧領域が反転する。
効果時間は8.3c(知力6、知力依存0.4c)(Ver.2.5.1C)。
Ver.2.5.0Cのエラッタで勢力制限が撤廃され、晋軍唯一の勢力制限なし号令となった。

士気5で英傑号令以上の武力上昇を得られる点は破格だが、一方で征圧領域の反転は結構痛い。
征圧領域反転での塗りのデメリットはは、味方部隊の征圧力が低ければある程度軽減する事が出来る。
ただし鍾会本人が覚醒持ちのため、自身のデメリットは試合終盤になるほど大きくなる。

鍾会本人は覚醒持ちだが、覚醒持ちとの相性は最悪に近い。
覚醒レベルが上がれば上がる程征圧力が上がるため、デメリットも大きくなってしまう。
かといって覚醒レベルによる追加効果があるわけでもないため、覚醒レベルが上がる程逆に使いにくくなる号令となっている。

故に単色の覚醒デッキに仕込むよりは、鍾会以外を覚醒を持たない武将で固めたデッキに合っている。
低征圧武将は武力や知力が高い傾向にあることもあり、思った以上に強力に立ち回る事が出来る。
また低士気で高い武力を得られる事から、場合によっては開幕で一気に落城を狙うデッキと相性が良い。
特に征圧力0と組み合わせれば、実質踏み倒すことも可能。
普には覚醒持ち以外の征圧0は存在しないこともあり、混色のほうが活躍させやすいだろう。

ある意味、晋と言う国の特性に(史実どおり)真っ向から叛逆している武将。

登場バージョン

Ver.2.0.0A

修正履歴

Ver.2.0.0C 効果時間延長 7.5c→7.9c
       範囲拡大
Ver.2.0.1B 効果時間延長 7.9c→8.3c
       範囲拡大
Ver.2.5.0C 計略内容変更「晋の味方の武力が上がる。〜」→「味方の武力が上がる。〜」
Ver.2.5.1C 武力上昇値増加 +5→+6

Menu

最新の20件

2019-11-20 2019-11-19 2019-11-18 2019-11-17

今日の20件

  • counter: 47384
  • today: 23
  • yesterday: 44
  • online: 59