カードリスト / 第3弾 / / 王元姫


武将名おうげんき清らなる才媛
王元姫「いつでも子上くんのこと、
   ちゃんと見てるからね」

王粛の娘。幼い頃から聡明な孝行者で、周囲から「男に生まれていれば」と惜しまれた。15歳で司馬昭に嫁ぐと、目下の者にも謙虚な姿勢を示し、家中をまとめた。父譲りの先見の明を持ち、鍾会の野心を忠告するなど、陰から夫を支えた。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力5 征圧力1
官職-
特技防柵 魅力
将器長槍術 防柵強化 士気上昇
計略慈愛の瞳最も武力の高い味方の兵力が回復し、自軍の覚醒ゲージが上がる
必要士気3
Illustration : 萩谷薫Character Voice : 沢城みゆき


司馬昭の嫁、そして晋初代皇帝・司馬炎の生母である王元姫が堂々のSRで参戦。

スペックは1コスト槍としては必要な数値を持つ為優秀な部類。更に魅力・防柵の2特技を持つ。
代わりに征圧力は1止まりだが、覚醒ゲージ絡みの武将なのであまり問題は無い。
むしろ序盤の立ち回りが弱い覚醒軸のデッキにおいて、相手の攻めを凌げる防柵を持っている事が何よりも重要。
晋軍の柵持ちは、他が武力1の陳寿と覚醒絡みではない毌丘倹しかいないのも大きい。

計略「慈愛の瞳」は覚醒絡みの回復計略。
範囲内の最も武力の高い武将の兵力が45%回復し、更に自軍の覚醒ゲージを40%上げる(Ver.2.5.0A)。
回復計略である為知力依存は無し。

覚醒絡みである為、回復量は同じ単体回復である「的確な援軍」と比べると若干低め。
ただ、兵力回復は元より覚醒ゲージを僅か士気3で確実に溜められると言うのは王元姫の利点でありセールスポイント。
覚醒デッキはどうしても司馬兄弟の計略で士気を一気に吐く事になりがちである為、
低士気で確実に覚醒ゲージを上げられると言うのは、士気の回転的な意味でも非常に助かる。
他にも士気3でゲージを溜める方法はあるのだが、全て対象部隊の生存が必須である点も差別化の一つと言える。

なお、回復効果自体は勢力を一切問わない
その為、彼女が入る場合は混色の覚醒デッキを組みやすい。晋軍は割とカードプールに癖があるので一考。
ただ、混色で動かしやすい覚醒持ちとなると陳泰位になってしまうのは悩みか。

司馬昭を計略対象にすると台詞が変化する。

登場バージョン

Ver.2.0.0A

修正履歴

Ver.2.5.0A 兵力回復量減少 60%→45%