カードリスト / 第3弾 / / トウ忠


武将名とうちゅう
鄧忠「昨日より今日、今日より明日!
    もっと強くなってみせる!」

鄧艾の子。若くから父に劣らぬ武勇を奮い、蜀軍の北伐を阻んだという。蜀侵攻の際は、父と共に断崖を超えて都に迫った。諸葛瞻との戦いで一度敗れて父の叱責を受けたが、身命を賭して挑んだ再戦で勝利を収め、汚名を雪いだ。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力2 征圧力1
官職武官
特技覚醒
将器攻撃力上昇 兵力上昇 速度上昇
計略新鋭の目覚め戦場にいる晋の味方の武力の最大値が大きいほど武力が上がる。一定以上武力が上がると、さらに槍撃ダメージが上がる
必要士気3
Illustration : 五浦マリ


大戦初登場となる、鄧艾の息子は覚醒持ちで登場。

スペックは覚醒持ちらしく1コスト2/2/1と低め。
覚醒すれば1コストとしては十分すぎるスペックにまで伸びるが、それでも1コスト槍なので過信は禁物。
将器は槍兵とは無難に相性が良い物が揃う。

計略「新鋭の目覚め」は目覚め計略の一種。
武力上昇は対象の武力の50%+1。効果時間は約7c。
武力13以上がいると槍撃ダメージが上がる。(Ver2.0.0A)

だがこの計略は移動速度も槍の長さも変化がない為、そのままの状態で敵に槍撃を叩き込むのはかなりのスキルがいる。
ライバルの胡芳の方がそのダメージの恩恵を出しやすく、魅力も持っているため
槍という兵種を生かさなければ彼女が優先されてしまうだろう。

何よりも晋の1コスト槍のライバルの存在が重い。
覚醒補助に加えて防柵まである王元姫、覚醒補助に加え序盤の不利を凌げる夏侯氏は特に強敵。
彼を採用するのであれば、デッキバランスも相応に考慮する必要があるだろう。