カードリスト / 第3弾 / / 李異


武将名りい功夫皇帝
李異「ハイハイハイ、ハアーーイッ!!」

孫桓に仕えた武将。関羽の弔い合戦を謳った劉備が夷陵の戦いを起こすと、先陣を切って蜀軍を迎撃し、猛将たちと刃を交えた。義に篤く、同僚の謝旌が張苞に討たれかけると、間に割って入り、一騎討ちを繰り広げたという。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力5 知力4 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器攻撃力上昇 知力上昇 城門特攻
計略敵中突破武力が上がり、敵と接触時の移動速度減少が小さくなる。さらに接触している敵部隊が多いほど武力が上がる
必要士気4
Illustration : lackCharacter Voice : 手塚ヒロミチ


旧作では名前のせいでブ○ース・リーにされてしまったSSQの被害者が帰って来た!
しかし、帰って来たと思ったら今度は何とジェッ○・リーにされてしまった。
二つ名の「功夫皇帝」といい、隠す気が全くない。

スペックは1.5コストとしては割と平均的。拳法家だからか勇猛持ち。
将器は不安な知力を補う知力上昇が無難だが、計略中乱戦機会の多い李異には攻撃力上昇も有力な選択肢。

計略「敵中突破」は単体強化。
武力+4に加え突破状態になり、さらに接触している敵部隊1つにつき武力+4される。
効果時間は7.5c、知力依存0.4c(Ver.3.5.2A)

乱戦さえできれば士気4計略としては高い武力上昇を発揮できる。
ただ、騎兵の基本となる突撃によるヒット&アウェイと乱戦前提の計略は相性が良くない。
無理に武力を上げようとせず、文字通り単純に敵を突っ切るあるいは城際の防衛時に使うのが無難。
また、呉には少ないが、1.3倍速以上の計略がかかると突破効果が仇となって乱戦中も迎撃されるので注意。
計略目当てというよりは、呉の1.5コス征圧騎馬枠としての採用になるだろう。

Ver.3.6.0A現在、呉において武力5以上・素征圧力2を両立できる1.5コスト騎兵は李異、周泰(第6弾)、陸胤の3名。
周泰は刻印+自爆計略の枷があるものの、コスト比最高武力と神速計略の両立が可能。
陸胤は計略の強さが相手依存になる不安定さはあるが、特技復活・将器突撃を持つスペック自体は安定している。
かつての個性はやや鳴りを潜めたか。

登場バージョン

Ver.2.0.0A

修正履歴

Ver.2.0.0C 接触している敵部隊の数による武力上昇値増加 +3→+4
Ver.2.5.1D 効果時間延長 6.7c→7.5c
Ver.3.5.2A 武力上昇値増加 +3→+4

Menu

最新の20件

2021-09-23 2021-09-22 2021-09-21 2021-09-20

今日の20件

  • counter: 40011
  • today: 5
  • yesterday: 20
  • online: 41