カードリスト / 第3弾 / 群雄 / 張衛


武将名ちょうえい
張衛「まぐれでいい気になるな・・・・・・
       俺は諦めんぞ!」

張魯の弟。曹操の漢中侵攻に臆する張魯とは反対に徹底抗戦を主張。数万の兵を率いて、疲労していた魏軍を一度は撃退するも、後に夜襲を受けて敗北した。しかし状況が不利になっても諦めず、最後まで曹操軍に抵抗し続けた。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力5 知力7 征圧力2
官職武官
特技-
将器攻撃力上昇 遠弓術 募兵
計略火事場の剛弓武力が上がる。この効果は自軍の城ゲージが少ないほど大きい。一定以上武力が上がると、走射中の矢ダメージが上がる
必要士気4
Illustration : JUNNY


正史では降伏、演義では許褚に討ち取られている張魯の弟。
そんな彼だが「北方三国志」では重要なキャラクターだったりする。

スペックは特技無しと引き換えに5/7/2と、文武両道で隙の無い数値を誇る。
更に将器が全て武力弓と噛み合っている。
但し群雄には武力6弓が3人もいるため、計略で勝負したいがこれが結構なクセモノ。

計略「火事場の剛弓」は実に第1弾以来となる火事場系の計略
自城が減っていれば減っている程武力が上がる。最大値は+16(自城10%以下)。
更に自城が50%を切った時に使うと、ダメージ+3の剛弓効果が追加される。効果時間は7.9C(Ver2.1.0B)。

自城さえ削れば効果が上がる為、自城にダメージを与える計略との相性は悪くない。
ただ、追加効果が旧作の自分が持っていた麻痺矢では無く剛弓というのが曲者で、火力が高くても相手に逃げられやすい。
追加ダメージもそこまで高くないため、数値ほどの戦果を出しづらい。

また追加効果を発揮するのは自城が半分を切ってからと言うのも痛い。
最大効果を求めるほど落城の危険性がつきまとうのは火事場計略共通の悩みなのだが、
彼の場合は武力上昇値が通常の「火事場の馬鹿力」より低い為追加効果が必要になる事は少なくなく、
その危険性は他の比ではない。

自城ダメージを伴う計略に関しても、Ver2.1.0B現在大幅に自城を削るようなものが無く割と効果を上げるのが苦しい。
現状は徐栄や臧覇と同じような状況にあるのは否めないだろう。
旧作のような「破滅の舞い」や「地獄からの復活」のような計略があれば、また扱いも変わるかもしれない。

登場バージョン

Ver.2.1.0A