カードリスト / 第3弾 / 群雄 / 丘力居


武将名きゅうりききょ烏丸大人
丘力居「侵すべきか、従うべきか・・・・・・
      汝の力、見定めよう」

烏丸の大人(酋長)。5千を超える集落を治め、漢の衰退と共に勢力を広げていった。しかし劉虞が幽州に赴任すると、その人徳に動かされ、恭順の意を示した。公孫瓚の度重なる妨害にも揺れず、劉虞と烏丸は良好な関係を保ったという。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力6 知力1 征圧力1
官職武官
特技攻城
将器攻撃力上昇 攻城術 募兵
計略烏丸の侵攻武力が上がり、隠密状態になる。(敵から姿が見えなくなる。ただし敵部隊または敵城に近づくと姿が見えるようになる)ただし征圧力が下がり、城に戻れなくなる。敵軍の征圧領域にいる間さらに武力が上がる
必要士気5
Illustration : 長澤真Character Voice : 村瀬歩


烏丸の酋長がカラスのイメージで参戦。ちなみに蹋頓は甥。

通算3枚目になる群雄の武力6弓。全員特技持ちだが、彼の場合は攻城。知力は他2枚と同じく最低値の1。
征圧力も同じく1だが、弓兵の上に丘力居の場合は自身の計略で征圧力を下げてしまう為、
総征圧さえ問題なければあまり気にしなくていい。
将器は弓兵や計略との相性がいい物が揃っており、どれを選んでも活躍が見込める。

計略「烏丸の侵攻」は長時間の超絶強化。
武力が+3・征圧力が-10され隠密状態になる代わりに帰城不可になってしまう。
その代わり敵征圧範囲にいる場合は更に武力+5(合計+8)される。
効果時間は30c、知力依存0.4c(Ver.2.1.0D)

最大武力14の隠密弓のプレッシャーは相当だが、最大効果を発揮するには敵陣での行動が必須。
いくら高武力と言えほぼ無防備な上また城に戻れなくなる為、計略時間の30cをフルに有効活用するには工夫が必要。
また当然自軍が征圧優勢になればなるほど武力上昇は低くなりがちなので、
征圧戦前提のデッキはもとより、普通の号令デッキでもなかなか活用は難しい。
一方で、敵制圧領域に塗り替えてしまう樊稠於夫羅とは好相性。

ライバルはやはりスペックが似通った魅力持ちの貂蝉・復活持ちの李傕だろう。
極端に優劣をつけられているわけではない為、デッキに合う方を選ぶと良い。

登場バージョン

Ver.2.1.0A

修正履歴

Ver.2.1.0B 武力上昇値増加 +2/+6→+3/+7
Ver.2.1.0D 敵軍領域時の武力上昇値増加 +7→+8