カードリスト / 第3弾 / 群雄 / ホウ徳


武将名ほうとく れいめい錦の同胞
龐徳 令明「孟起殿、
 雑兵どもはオレに任せて駆けろ!」

馬騰に仕え、軍中随一の猛将と称された。馬騰が謀殺されると、馬超に従って戦いに臨み、曹操軍を苦しめた。その後も馬超と共に曹操軍と幾度も戦ったが、漢中に落ち延びた馬超が劉備の元に降った時に袂を分かち、後に曹操に仕えた。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力8 知力5 征圧力1
官職武官
特技-
将器突撃術 速度上昇 迅速攻城
計略西涼烈風撃敵に衝撃によるダメージを与える。ダメージは互いの武力で上下する
必要士気8
Illustration : 西野幸治Character Voice : 杉田智和


魏の鉄板騎馬が群雄にやってきた。というより魏に降る前の若かりし頃といったところか。
彼の場合、シリーズを通して、なぜか魏に降る前の若かりし頃のほうが知力が高いことが多かったが、
今回は、魏で弓を持った自分と同性能である。
(もっとも、馬に乗っている自分と比較すると、やはり降った後のほうが知力が低くなるが…)

スペックは2コスト騎馬としては最高峰。但し特技は無い。
似たスペックに閻行がいるが、あちらは将器が固定に対しこちらは騎馬と好相性な将器を二つ持つ。
特に速度上昇は計略のコンセプトとも合うため使いやすい。
第3弾で追加された迅速攻城を持っているが元々低い騎馬の攻城力が更に低下するため良し悪し。

計略は自分中心円の範囲内全ての敵に武力差ダメージを与える衝撃波動。
範囲は広めで、戦場の約4分の1程度の広さがある。
威力も高く武力3は確殺、武力8でも半分ほど消し飛ぶ。
本人が高武力騎馬であり位置取りは比較的楽。
半数以上を巻き込めればまず半壊させる事が可能である。
積極的に使うべきは計略の性質上低武力が多く入るタイプのデッキ。特に舞デッキには非常に強い。

欠点は武力の増減と士気8という士気の重さ。
相手の武力上昇とこちらの武力減少のどちらが来ても、計略の効果は激減してしまう。
出来れば先出しで計略を使いたいが、士気8は非常に重い。
敵を大多数巻き込んでも後出しの号令や超絶強化で痛み分けに終わると確実に士気差が付いてしまう。
特に再起(宝具)で凌がれると最悪で、士気差8の万全なカウンターという恐ろしい展開が待っている。安易な使用は厳禁。

この計略の真価は、広範囲計略のプレッシャーを利用して相手の散開と計略の先出しを強要できる点にある。
武力8を押し付けて、散開されれば各個撃破し、先出し計略が来れば機動力を活かして逃げ、少人数で対応してくれば征圧戦に持ち込める。
大型計略ではあるが、この計略で殲滅するのではなく駆け引きの一因の裏の手として運用するといい仕事をしてくれる。
裏の手の計略要員は戦闘力が低めなカードが多いが、本人がコスト比最高クラスの戦闘力を持っているのが頼もしい。
メインでは安定しないが、スペック・計略共に強力な頼れるカードといえるだろう。

ダメージの目安

相手武力12345678910
ダメージ26014010080686054.35046.744

登場バージョン

Ver.2.0.0A

Menu

最新の20件

2019-07-21 2019-07-20 2019-07-19

今日の20件

  • counter: 32080
  • today: 31
  • yesterday: 46
  • online: 80