カードリスト / 第3弾 / / 董卓


武将名とうたく ちゅうえい凶雄
董卓 仲穎「力無き者は滅びる、
 それが唯一にして絶対の理よ」

後漢に仕えた武将。豪快で武勇に優れ、異民族に慕われたという。昇進後は辺境で屈強な軍団を育て、黄巾の乱以降も着実に力を蓄えた。何進の死により朝廷が混乱すると、都に乗り込み、皇帝を凌ぐ権力を得て、暴政を極める魔王と化した。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力8 知力8 征圧力2
官職武官
特技勇猛 魅力 漢鳴
将器攻撃力上昇 兵力上昇 突撃術
計略終焉への覇道【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
味方の武力と移動速度が上がる 漢鳴3:さらに突撃ダメージと走射中の矢ダメージと槍撃ダメージが上がる
必要士気7
Illustration : ニシカワエイト


魔王がまさかの漢軍所属でやって来た!
漢所属の他の人物達に反董卓連合として集まった者が多く、違和感がアリアリだが、
董卓自身は存命中には帝位簒奪をせず、最期まで献帝を擁立し続けたことだけは事実である。
同時期に追加された馬騰とは勢力が逆な気がするが、これはいかがなものか。

スペックは数値自体は群雄の自身(暴虐)と全く同じ。
しかし、特技に勇猛に加え、董卓としては久々の魅力・計略の都合で漢鳴まで付いている。
これだけ見れば群雄の自身が泣きそうである…。
将器は騎兵としては無難な物が揃う。

計略「終焉への覇道」は漢鳴号令。
味方の武力が2/3/5/8上がり、更に移動速度も1.2+漢鳴レベル×0.1倍(漢鳴3のみ速度1.8倍)される。
更に漢鳴レベル3の場合、騎兵の突撃ダメージが+18・槍兵の槍撃ダメージが+6・弓兵の剛弓ダメージが+7される。
漢鳴3での効果時間は約11C。また連環の法具を打たれると騎馬オーラの維持は出来るがオーラを纏うことは出来ない(Ver2.1.0B)。

漢鳴2までは士気7払うにはやや微妙(それでも漢鳴2は槍孫権の「巨虎の王道」緋略と遜色ない性能)だが、
漢鳴3で発動した場合の破壊力は圧倒的であり、対抗手段がないデッキなら一瞬で揉み潰す破壊力を持つ。
Ver2.1.0Bにおいて移動速度が上方修正を受けた為、不安だった速効性も改善されている。
それでも、弓が迎撃されるようになってしまう点も注意が必要だろう。
同勢力の皇甫嵩の漢鳴の大号令はどれだけ高いラインで打てるかが肝のため、
士気13のフルコンになるが、漢鳴2の終焉への覇道で速やかにラインを上げ、4c後に漢鳴の大号令に繋げる事も一応可能。

なお、この計略実は対象に取る勢力の制限がない
なので2勢力以上も理論上は可能だが、この計略自体が士気7と重い上に漢鳴計略なので、
漢鳴レベルを溜める回転力を考えるならば単色で組むのが無難だろう。