カードリスト / 第3弾 / / 董貴人


武将名とうきじん
董貴人「蒼天が隠れても
  月がみんなを見ているわ・・・・・・」

董承の娘で、献帝の側室。献帝の長安脱出に同行し、その後も曹操の傀儡と化したことを嘆く献帝に寄り添い、慰めたという。献帝からも愛されて子を宿すも、父・董承の曹操暗殺計画が露見し、周囲の除名嘆願もむなしく、連座して処刑された。
コスト1.0
兵種歩兵
能力武力2 知力6 征圧力1
官職-
特技魅力
将器兵力上昇 知力上昇 士気上昇
計略漢鳴の舞い特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がる
【舞い】(使用すると移動できなくなる。自身は自身の舞いの効果を受けない)
特技「漢鳴」を持つ味方が計略を発動するたびに、味方の武力が一定時間上がる
必要士気5
Illustration : 藤也タカヲCharacter Voice : 赤千夏


旧作では国力ゲージに依存した舞いを持っていた献帝の嫁が、本作も漢鳴に関わる舞いを持って帰って来た。

スペックは歩兵である事は痛いものの、基本スペックは2/6と十分及第点。
代わりに征圧力は1だが、舞い計略なのでそこまで気にする程ではない。
ただ漢鳴系はパーツ単位の征圧力が落ちがちなので、その点は上手くフォローする事。
素の知力がやや高めである為、将器は兵力上昇か士気上昇が無難か。

計略「漢鳴の舞い」は戦場全体に武力上昇を及ぼす舞い。
漢鳴計略を使うと味方の武力+3が約9c続く(Ver2.0.0A)。
武力上昇の時間も長く、効果としてはなかなか。
そしてこの舞いも漢鳴レベルを上げられるので、漢鳴レベル0で計略を使わなくていいのが嬉しい。
但し、武力上昇の発動条件が特技「漢鳴」を持つ味方が計略を使用した場合である点に注意。
劉焉や朱儁等、漢鳴レベルは上がるが特技「漢鳴」を持たない武将の計略では舞の武力上昇効果は発動しない。
逆に舞による武力上昇の対象は特技「漢鳴」の有無にかかわらず、勢力も非限定である。
この辺りがちょっとややこしいので注意したいところ。

この舞いを最初に使って、次に漢鳴レベル1で計略を使い、次は別の武将でレベル2 …と言った具合に軽士気の計略をローテーションして、高レベルの計略を使い続けていくのが理想。
漢鳴レベル1でも武力+3がつくと、士気対効果としては十分すぎる性能を引き出す事が出来る。
孫堅などを使う場合、他の武将が壁として槍消しをしやすくなっているので突撃を入れやすい。

一応この舞いに漢鳴の大号令を合わせれば武力+13の号令となるが、そこまでの武力を毎試合必要になるかと言われれば疑問。
天の鼓動ならば長時間号令としては申し分ない強力さになり合わせやすい部類なので検討しやすいか。
天の鼓動の効果時間内に何か一つ計略を撃てば武力+8が15c続く上に
孫堅や劉備、陶謙など高レベルの漢鳴計略で倍プッシュされるというなかなか強力な形になる。
号令と合わせる場合は元々計略を重ねなくても強力な漢鳴の大号令よりも、天の鼓動の方が長所が生きるだろう。

基本漢鳴の単体強化はレベルが上がれば強力だが、局地的かつコンボができないという弱点があった。
それを埋めるという意味で非常に優秀な舞いなのだが、計略発動の機会も割と限られてしまうのが欠点。
漢鳴計略は最低消費が4、この舞いに至っては5消費である為、魅力無しだと4回しか武力上昇のチャンスが無い。
しかも舞いを潰されたら再度舞うのにまた士気5である為、その分漢鳴計略の使用頻度が下がってしまう。
かと言って防柵を確保する為に混色にすると、必然的に漢鳴計略の持ち主が減って使いにくくなるジレンマ。

その為、魅力持ちを採用して少しでも計略の使用回数を上げる、馬倫で士気周りをよくする等のフォローをしておきたい。
強力な計略ではあるのだが、それ相応に使う君主の腕と士気管理を求められる難しい舞い。

登場バージョン

Ver.2.0.0A

修正履歴

Ver.2.0.0C 武力上昇時間延長 9c→