カードリスト / 第2弾 / / 趙娥


武将名ちょうが仇討の刃
趙娥「斬る・・・・・・
  お前だけは絶対に斬る!」

父の仇を討つと誓った烈女。共に仇討ちを誓った兄弟の死後も諦めず、夜な夜な名剣を研ぎ続けた。周囲からは馬鹿にされていたが、ついに白昼堂々仇敵を討ち取った。その後自首したが、孝行心を買われ無罪放免となった。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力7 知力4 征圧力2
官職-
特技勇猛 魅力
将器突撃術 士気上昇 攻城術
計略仇討ちの覚悟武力と移動速度が上がる。ただし効果中に敵を撃破すると効果が終了する
必要士気5
Illustration : 碧風羽Character Voice : 堀江由衣


演義本編よりもやや前の年代で活躍した女傑。
設定や計略に既視感を覚えた人は、三国志大戦3で登場していた龐娥と同一人物であると言えばわかりやすいか。
旧作でも今作でも何故か魏所属だが、恐らく息子が最終的に魏に仕えたからだと思われる。

コスト比標準武力に征圧2、そして特技2種というスペックは悪くはないが、粒揃いの魏の騎兵の中では最高スペックとはいえない。
将器はどれも難しいところである為、基本的にはどれでも構わないだろう。一番扱いやすいのは突撃術か。
やはり、その計略に採用価値を見出したいところ。

計略「仇討ちの覚悟」は超絶強化。 武力+10、移動速度1.7倍速と強めの神速戦法と言った趣だが、1部隊でも敵を撃破してしまうと強制終了する。
敵を撃破しなかった場合の効果時間は10c、知力依存0.8c(Ver.2.6.0C)。
効果時間を最大に活かすなら、とどめを刺せる他の味方が残存しているときに使っていきたい。

1部隊でも撃破すると効果終了なので、一人で相手の号令を押し返すような運用は難しい。
白銀の獅子などとはそのあたりの勝手が違うので、槍消し以外でも他部隊によるフォローを必要とする。
なお、乱戦している敵部隊が「殿、私の馬を!」のような自爆計略によって自主的に撤退した場合も撃破とみなされ、効果が終了してしまう。
相手のデッキに自爆計略持ちがいる場合は乱戦相手に注意すべし。
逆に自分のデッキに自爆計略持ちがいる場合は対策として活用することもできるが、移動速度が上がった騎兵を能動的に捕捉できる機会はそう多くない。
計略使用中は一騎討ちにも悩まされる。
有利な条件で戦えることが多いが、大勝利で撃破してしまえば効果が終了し、負けると丸損になる。
低コストならわざと撤退を狙われる事もありえるため、非常に悩ましい。

騎兵と機動力の国である魏において、デッキに入れやすい中コスト帯で高速超絶強化を仕込めるメリットは非常に大きい。
号令デッキの裏の手や、騎兵単デッキのアクセントになる他、彼女自身がデッキの中核にもなりうる。
超絶強化にしては軽めの必要士気のため、混色デッキでも使いやすい。
また、女性単デッキで使える超絶強化持ちは呂姫以来なので、そちらでも歓迎されるだろう。

登場バージョン

Ver.1.1.0A

修正履歴

Ver.1.1.0C 効果時間短縮 12.5c→10c
Ver.2.1.0D 武力上昇値増加 +8→+9
Ver.2.6.0C 武力上昇値増加 +9+→10

Menu

最新の20件

2019-12-12

今日の20件

  • counter: 48764
  • today: 145
  • yesterday: 161
  • online: 138