カードリスト / 第2弾 / / 曹操(勇略采配)


武将名そうそう もうとく三國志13 with パワーアップキット
曹操 孟徳「用兵の神髄、
  曹孟徳が教えてやろう!」

「三國志13 with パワーアップキット」
宦官・曹騰の孫。曹嵩の子。魏の武王。許劭から「治世の能臣、乱世の奸雄」と評される。黄巾賊、董卓、呂布、袁紹らを破り華北を支配。213年に魏公、216年に魏王となる。 
コスト3.0
兵種騎兵
能力武力9 知力10 征圧力1
官職武官
特技伏兵 魅力
将器兵力上昇
計略勇略采配魏の味方の武力と攻城力が上がる
必要士気9
Illustration : コーエーテクモゲームスCharacter Voice : 井上和彦


日本の三国志ゲームの源流・コーエーテクモゲームズ版「三國志」シリーズとのコラボで
まさかのEXカードとしての登場を果たした乱世の奸雄。CVも「三國志13」準拠の井上和彦氏である。
…と言うよりは「三國志13」の台詞の使い回しと言った方が正しいか。

スペックは3コストと重量級だがその重さに相応しい圧倒的スペック。
EXカードなので将器は固定で、兵力上昇・城×3となっている。
高武力・高知力に加え伏兵と魅力まで持ち、征圧力を除けば関羽を大きくしのぐ。
だが代償として征圧力は1だが、後述の計略がそれをハンデと感じさせない威力があるため問題ない。

計略も「三國志13」における曹操の戦法「勇略采配」。
号令の中では最重量の必要士気9を誇る超大型号令。
士気9吐くだけあって効果は並の号令を越え武力+8、攻城力上昇値は元攻城ダメ×1.1+1.1%(特技の城、法具の城玉と同じ上昇量)。
効果時間は9.2c、知力依存0.4c(Ver.2.1.0B)。

武力上昇値はともかく、とにかく攻城力が非常に高い。
騎兵の攻城力すら馬鹿にならず、自身の城門攻城で2割以上、高コスト槍兵なら3割以上を削っていく。
槍兵と組ませればワンチャンスで落城まで持っていく力があり、本人の征圧力の低さが全く気にならない。
征圧を完全に無視してスペックのみでデッキを組んでいってもいいほど。

だがやはり問題はその士気の重さ。
栄光の大号令と同じく、相手の城際で使わなければ使う意義が薄いためそのタイミング合わせに苦心することになる。
騎兵単の場合カウンターが狙いやすいがその分攻城力が落ちるので、そこは取捨選択になる。
更に本人が3コストと非常に重い為、デッキメンバーの選定もなかなか厳しい。

また、武力上昇は士気相応かやや低いほどなので相手のフルコンに対抗できず、ダメージ計略なども弱い。
相手がフルコンをしてきてもこちらは重ねるような計略も撃てない。
また妨害などで足並みを乱されるとすぐに士気漏れの問題が浮上してくる。
攻城を入れて意味がある号令だが相手も英傑号令などを撃てば何とかしのいでしまうこともある。
チャンスは少ないので一度しのがれてしまうとまた防戦一方になりがち。
攻めばかり考えていると守る際に使える手がなくなってしまうため
他の士気回収計略に頼れない分袁紹よりも使用タイミングは難しい。

計略の重さから、追加当初からしばらくは玄人向けの号令として雌伏の時を続けていた。
が、Ver.2.1.0Aにおいて卑弥呼賈南風デッキの流行に合わせ、これに対処できるカードとして評価が一変。
計略との相性が非常に良い龐会との組み合わせも発見され、一気に環境デッキへと至った。
パーツの殆どが採用率・勝率上位入りした事からも彼を軸としたデッキの環境支配力が伺える。
が、やり過ぎた結果Ver.2.1.0Bで効果時間を、Ver.2.1.0Cで攻城力を削られてしまった。

登場バージョン

Ver.1.1.0A (週刊ファミ通付録)
Ver.1.1.5B (龍玉商店)

修正履歴

Ver.1.1.5B 効果時間延長 9c→10c
Ver.1.2.0E 武力上昇値増加 +7→+8
Ver.2.1.0B 効果時間短縮 10c→9.2c
Ver.2.1.0C 攻城力上昇値減少 元攻城ダメ×1.2+1.2%→元攻城ダメ×1.1+1.1%

Menu

最新の20件

2019-09-16 2019-09-15 2019-09-14 2019-09-13

今日の20件

  • counter: 55200
  • today: 2
  • yesterday: 25
  • online: 85