カードリスト / 第2弾 / / 呉班


武将名ごはん げんゆう
呉班 元雄「一発、派手に決めてやるぜ!」

呉懿の族弟で、侠客として知られていた。一族の女子である穆皇后を通じて劉備と縁戚となり、夷陵の戦いにも従軍した。諸葛亮の北伐に参加し、司馬懿率いる魏軍を撃退するなど武勇にも長け、諸葛亮亡き後も蜀を支え続けた。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力2 征圧力3
官職武官
特技勇猛
将器攻撃力上昇 突破術 募兵
計略征圧戦法征圧力が上がる
必要士気2
Illustration : Chatalaw


呉懿の族弟は、蜀の超絶激戦区である1.5コスト槍に武闘派征圧力3槍で参戦。

征圧力3と引き換えに、本人は武力5知力2と本当に最低限のスペックしか持たず単純な殴り合いは不利。
一応蜀の素征圧力3で1.5コスト槍は他に武力3の呂凱と武力2の諸葛亮しか居ないので、武力と征圧力を両立できるため、十分に差別化はされている。
将器は攻撃力上昇が比較的優勢か。

蒋琬の征戦の号令とは非常に相性が良いというか、蒋琬と組ませる為に存在すると言っても過言ではない。
計略の征圧戦法は士気2だけで発動できる上に効果時間が長く、効果中は征圧力6を維持できる。
その状態で征戦の号令を打つと+7と非常に高い武力上昇を得られ、コスト1.5でありながら武力12にもなる。
必要士気が合計でも7で、征圧戦法の長い効果時間中であれば何時でも発動できるのが利点。
ただし知力2の部分はカバーできないので、妨害・ダメージ計略や伏兵には注意したい。
また、征戦の号令がかかってない時は征圧力が6あれど武力5の槍でしかない為無理は禁物。

他の居場所として考えられるのは、飛天の征圧力低下を大きくカバーできる混色飛天か。
飛天と組ませる際に同じ征圧戦法を持ち同じ運用が出来る魏の閻柔との違いは、
兵種が槍兵なので高い征圧力を存分に活かせる点と、計略未使用でも征圧力1を維持できる点。
征圧力を活かさない場合は低スペックカードでしかないので、彼を使うならば普段以上に征圧関連を意識しよう。

本人は派手に決めてみたいようだが、どうも活躍の場が限られてしまう地味な武将なのは否めない。