カードリスト / 第2弾 / / 関銀屏(神武の目覚め)


武将名かんぎんぺい関三小姐
関銀屏「甘く見てると
   蹴っ飛ばしちゃうから!」

関羽の三番目に生まれた娘。色白で美しく、義理の叔父にあたる張飛が「関銀屏」と名付けた。関羽からの愛情は深く、虎牢関の戦いで呂布を破った時に得た真珠を、魔よけのお守りとして贈られたといわれる。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力5 征圧力2
官職-
特技勇猛 魅力
将器長槍術
計略神武の目覚め戦場にいる蜀の味方の武力の最大値が大きいほど武力が上がる。一定以上武力が上がると、さらに移動速度と槍の長さと槍撃ダメージが上がる
必要士気4
Illustration : 濱田浩輔Character Voice : 赤千夏


講談社コラボで登場したEX。
元ネタはイラスト担当の漫画「はねバド!」の主人公・羽咲綾乃(はねさき あやの)

スペックは武力知力とも平均的。
蜀の1.5コストは槍だけでも武力6が多い激戦区のため、このカードを使うなら計略を活かすデッキにしたい。
将器は長槍術と副速3個で固定。いずれも計略と噛み合った将器である。

計略「神武の目覚め」は目覚め系の超絶強化。
武力上昇値は蜀の味方の最高武力×0.33+2(端数切捨て)で、+7(参照値武力13)以上で追加効果が発生する。
追加効果は速度1.5倍、槍長さ約1.5倍、剛槍ダメージ+10。
効果時間7.5c程度(Ver1.1.0D)

真価を発揮させるには相応の槍撃スキルを必要とするが、ダメージはかなり大きく決定力が高い。
味方の攻城の援護など、相手が逃げられない状況で槍撃を喰らわせてやれば高い効果を発揮するだろう。
ただ火力が高いぶん目覚め計略としては必要士気が重く、安易な使用は息切れを招くことに注意。

一番の狙いどころはやはり号令による攻勢の一押しだろう。
攻城部隊の後ろから槍撃を入れ、守城部隊を撤退させていくマウント要員なら費用対効果に見合う。
剛槍ダメージはある程度武力差があっても通るためフルコン同士のぶつかり合い向きで、長槍効果で敵騎兵を封殺できるのも強み。

最大のライバルは同コストの目覚め計略持ちである関銀屏(砕城)。
瞬間火力ではこちらに分があるものの、通常時の白兵や将器の選択幅・城ダメージを取る力はあちらが上。
攻防どちらにも使える汎用性を求めるなら神武、攻めの決定力を求めるなら砕城といった具合に使い分けたい。

登場バージョン

Ver.1.1.0D (第三回大戦スタンプキャンペーン)
Ver.1.2.0A (龍玉商店)

Menu

最新の20件

2021-04-16 2021-04-15 2021-04-14

今日の20件

  • counter: 63355
  • today: 4
  • yesterday: 15
  • online: 37