カードリスト / 第2弾 / 群雄 / 孟優


武将名もうゆう
孟優「脳筋の相手は疲れんだがねェ。
 ・・・・・・ま、とことん付き合うさ」

南蛮王・孟獲の弟。敵対する蜀軍に対して、偽りの投降を行い、諸葛亮を生け捕りにする計画を企てるも失敗。逆に諸葛亮に捕らえられたが、解き放たれた。その後も孟獲は蜀軍と戦うが、孟優は最後まで兄と共に戦い抜いた。
コスト1.5
兵種象兵
能力武力6 知力4 征圧力2
官職武官
特技-
将器復活減少 城門特攻 同盟者
計略はじき戦法武力と移動速度が上がり、敵をはじき飛ばす距離が伸びる
必要士気3
Illustration : 西野幸治Character Voice : 杉田智和


この人も諸葛亮に兄共々弄ばれたのだが、何故か脳筋を見下すフレーバーテキスト。
新兵種の象兵で一応一計を案じたということからか、兄よりも知力が高く
いきなりの登場でコスト比かなりのハイスペックを備えている。

将器も優秀で、覚醒の価値は十分にある。
戦線復帰の早くなる復活、混色デッキ向けの同盟、城門も殴る機会は少なくないので一興。

計略のはじき戦法は象兵の性能を上げる単体強化。
武力+2に移動速度が約2倍に上昇、更に象兵の突撃時に弾き飛ばす距離を延ばす。
距離はカード3枚分程度で効果時間は4.2c(Ver1.1.0C)。

武力上昇は少なく敵を吹き飛ばしてしまうので追撃はかけにくく、この計略での殲滅力はほとんどない。
この計略の真骨頂は敵の殲滅ではなく、大きなはじき飛ばしである。
守城時に相手の攻め上がりの足並みを強引に乱したり、攻城中の敵を無理やりはじいて攻城をリセットさせたり
攻めでもこちらの攻城を妨害する敵をはじき飛ばして攻城を入れるサポートができる。
特に武力しか上がらない類の単体の超絶に強く、延々はじき飛ばして全く仕事をさせないこともできてしまう。

守りが苦手なデッキや攻城を入れたいデッキにとりあえず入れるだけで働け、しかも士気が軽い。
おまけにこの効果は立ち回りでは防ぎにくく、単純な強化で何とかできないので相手にすると厄介。
本人のスペックも高いので多くのデッキに採用できる。
群雄の場合攻城兵や陥陣営など、一撃の攻城で勝負が決まるようなカードもあるので
強引な攻城を狙う場合はこのカードのサポートも加わると非常に恐ろしい。
新兵種ながらいきなりスペック計略ともに非常に優秀なカードが登場している。
ただし刺さるので車輪には近づかないように。

尚、イラストレーターの西野幸治氏は旧作にて24no名義で蜀孟優を手掛けており、数少ない旧作と同絵師が描いたカードである。

登場バージョン

Ver.1.1.0A

修正履歴

Ver.1.2.0C 効果時間短縮 5.8c→4.2c

Menu

最新の20件

2019-08-21 2019-08-20

今日の20件

  • counter: 22203
  • today: 21
  • yesterday: 16
  • online: 80