カードリスト / 第2弾 / / 霊帝


武将名れいてい(りゅうこう)凶なる皇帝
霊帝(劉宏)「漢の亡霊が・・・・・・
   今さら朕に何をしろと?」

後漢の第十二代皇帝で、名は劉宏。彼の治世では天災が続き、自身も酒と女に溺れるなど悪政の限りを尽くして、国の疲弊を招いた。ほどなくして、政権は張譲ら「十常侍」と呼ばれる宦官らに専断されることとなった。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力4 知力5 征圧力2
官職文官
特技防柵
将器知力上昇 復活減少 防柵強化
計略漢王朝の腐敗最も武力の高い漢の味方の武力が上がる。さらに特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がる。ただし自身は撤退する
必要士気4
Illustration : 一徳Character Voice : 代永翼


治世中に黄巾の乱が発生するなど国が乱れ、後漢王朝が滅亡へと向かうことになった第十二代皇帝。
カード表では霊帝と表記されてるが、カード裏では劉宏と表記されている。
余談だが、息子の劉協こと献帝(漢王朝の希望)とはCVが同じ。

スペックは1.5コストとしては最底辺。
一応防柵はあるものの、国が乱れてしまったせいなのか皇帝にも関わらず魅力無し。
将器は覚醒させるほどのものはなく、敢えて覚醒させるなら計略とマッチする復活減少が無難なところか。

計略「漢王朝の腐敗」は漢鳴レベルを上げることができる自身撤退の投げ計略。
武力+8で効果時間は8.3c、知力将器で9.6c、知力依存0.4c(Ver.2.1.0D)

子の少帝や献帝と違い自身に漢鳴特技が無く、序盤から安定した効果が得られる。
また、朱儁や盧植ら他の漢鳴レベルを上げることができる計略と比べると、士気が4なので終盤の逆襲に向けた士気運用がしやすい。
反面、自身が撤退する他の伝授系の計略と比べると、士気4の割に武力上昇しか得られず、速度上昇や車輪といった付加効果がないのが難点。
更に自身が1.5コストなので、計略使用による撤退が戦況に響きやすい。

柵を持っているため、菫貴人の漢鳴の舞いデッキに入れたい一枚なのだが
この計略は漢鳴レベルを上げるものの霊帝が漢鳴を持っていないため、漢鳴の舞いの効果の恩恵を受けられないので注意。

菫貴人だけでなく、息子の献帝の計略で低武力の自身を復活させても戦力にならず、少帝は自爆投げ計略という方向性が丸被り。
妻の何皇后、王美人とは漢鳴レベルを上げられる以上のシナジーがなく、義兄弟に当たる何進も漢鳴計略と折り合わない。
義理の娘に当たる菫貴人も恩恵がなく、伏寿も単体撤退では計略の真価を生かせない。
かと言ってこれらのカードに自身の計略を投げても仕方ないと、ことごとく近親等者とのシナジーがない。
唐姫だけはギリギリ計略対象の重ね掛けが相乗効果を生み出すが、ここまで近親等者との縁がないカードも珍しい。
政治を任せた十常侍とすら漢鳴と折り合っていないため、まさに宮中で四面楚歌状態。
史実では裸の王様状態であった彼だが、何とも言えない哀愁を漂わせるカードである。

登場バージョン

Ver.1.2.0A

修正履歴

Ver.1.2.0C 武力上昇値増加 +6→+7
       範囲拡大
Ver.2.0.0D 武力上昇値増加 +7→+8
       範囲拡大
Ver.2.1.0D 効果時間延長 7.5c→8.3c