カードリスト / 第2弾 / / 劉備


武将名りゅうび げんとく漢王室の末裔
劉備 玄徳「嘆き苦しむみんなの希望に
        オレはなる!!」

中山靖王・劉勝の末裔。15歳の時に同郷で名の知れた盧植の下で学問を学ぶ。若き頃から不思議な魅力を持ち、豪商の張世平と蘇双は、その器に賭けて大金を与えた。この軍資金をもって劉備は義勇兵として頭角を表すことになる。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力6 征圧力2
官職武官
特技魅力 漢鳴
将器兵力上昇 復活減少 速度上昇
計略漢鳴の大車輪【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
武力が上がり、全方向に槍の無敵攻撃を行う。さらに槍の無敵攻撃によるダメージが上がる
必要士気4
Illustration : タカヤマトシアキCharacter Voice : 中村悠一


義勇軍時代の劉備が漢軍で参戦。

スペックはバランス型で穴が少ない。また、漢鳴デッキに嬉しい魅力も備えている。
漢軍には槍が多いが、その中でも特に安定したスペックを持つ。
将器も武闘派の槍として有用なものが揃っている。
特に目を引くのが復活減少。戻りの遅い槍兵は一度撤退した場合が良いことも多く、他の部隊を生かしながらの運用も可能となる。

計略「漢鳴の大車輪」は自身の国・蜀でおなじみの車輪計略の漢鳴版。
武力が+2/+4/+6/+9上がり、車輪状態になり、更に無敵槍のダメージが上がる。
効果時間は6.7c(Ver2.0.1B)

カード追加当時と比べ武力上昇値や効果時間が抑えられており単純に漢鳴レベルを上げる目的での使用はあまり適さなくなってきている。
とはいえ、車輪状態に加え無敵槍の接触ダメージ増加により数値以上の結果をもたらしてくれるので、漢鳴1以上で使用すれば相応の費用対効果は得られるだろう。
特に漢鳴3は相変わらず一人で何とかするだけの力があるので攻防で役立ってくれる。
もちろん、騎兵を相手にする際の車輪目的で使用するのであれば0からでも使用して良い。

漢鳴デッキの1.5コスト槍を争うライバルには武安国と陶謙がいる。
特に武安国は騎兵の牽制に有効な計略を持つ点が被ってしまっている。
漢鳴の溜まっていない序盤に押し込まれがちな漢鳴デッキで武力1の差は大きく、Ver2.1.0D時点では採用率で水をあけられている。
とは言え性能の安定性自体はこちらの方が上である為、デッキ全体の知力や生存性能に問題があるなら一考の余地はあるだろう。

登場バージョン

Ver.1.1.0A

修正履歴

Ver.1.1.0B 効果時間短縮 7.5c→6.7c
Ver.1.1.0C 武力上昇値減少 +3/+4/+7/+10 → +2/+4/+6/+9

Menu

最新の20件

2021-04-20 2021-04-19 2021-04-18

今日の20件

  • counter: 38474
  • today: 13
  • yesterday: 4
  • online: 104