カードリスト / 第2弾 / / 黄祖


武将名こうそ
黄祖「くふふ・・・・・・江東の虎を討った
 オレ様に、怖いものなどないわ!」

荊州刺史・劉表に仕える将。襄陽の戦いにおいて、敵対する孫堅を討ったことから、孫堅の子である孫策や孫権から仇として狙われ幾度となく戦った。最期は孫権軍の猛攻によって江夏郡の城もろとも滅ぼされた。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力5 知力4 征圧力2
官職武官
特技防柵 漢鳴
将器攻撃力上昇 遠弓術 守城術
計略漢鳴の遠弓【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
武力と射程距離が上がる 漢鳴2以上:さらに騎兵に対してのダメージが上がる
必要士気4
Illustration : 木下勇樹Character Voice : 藤沼建人


劉表の部下が漢軍で参戦。

数値は平均的ながら、漢軍の序盤を補う防柵持ちとなかなかのスペック。
将器はいずれも使いやすく、デッキに合わせたものを選択できる。

計略「漢鳴の遠弓」は漢鳴系の弓強化。
各レベルの武力上昇値は+2/+3/+5/+8。射程はレベル0の状態で戦場縦幅6割程度に、レベル3の状態で自城城門前から相手の城端まで届く。
さらに漢鳴2以上で騎兵に対し+10.5のダメージが追加される。
効果時間は10c(Ver.1.1.0C)

特筆すべきはレベル2以上で騎兵に対してのダメージが上がることで、レベル3であれば武力8の騎兵を弓のダメージ判定6回で撤退させることが可能。
他の1.5コスト漢鳴計略持ちと比べると存在もレアリティも地味ではあるが爆発力はある。

欠点は有効に働く相手が限られていることで、一般的な漢鳴号令デッキでは他の弓兵たちに見劣りしがち。
傾国の鳴舞など柵弓であることに意義を見出だせるデッキであれば、武力を大きく落とさず採用できる防柵持ちとして検討に値するだろう。

登場バージョン

Ver.1.1.0A

修正履歴

Ver.1.1.0C 漢鳴2~3 騎兵に対するダメージ増加 →+10.5

Menu

最新の20件

2022-12-05 2022-12-03 2022-12-02 2022-12-01 2022-11-29 2022-11-28

今日の20件

  • counter: 32165
  • today: 1
  • yesterday: 1
  • online: 17