カードリスト / 第2弾 / / 王子服


武将名おうしふく しゆう
王子服 子由「陛下の御意思を
  邪魔立てする者に容赦はせぬ」

漢王朝に忠誠を誓う国士。友人である董承が献帝から賜った曹操暗殺の勅書を見つけ、その不動の決意を知ると、漢王朝と幼い帝を救うために曹操暗殺の血判書に署名をして、奸雄の暴政を食い止めんと秘密裏に奔走した。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力8 知力5 征圧力1
官職武官
特技漢鳴
将器突撃術 速度上昇 征圧力上昇
計略漢鳴の奮激【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
武力と兵力が上がる
必要士気4
Illustration : 池田正輝


武力特化で登場した漢の忠臣。
名前ネタなのか王子っぽい西洋の紳士服を着ており、傍から見ればどう考えても三国志の人物には見えない。
さんぽけ絵とボイスは静かに決死の覚悟を見せる真面目武将であり、尖りすぎたポリゴンモデルとのギャップが凄まじい。

スペックは2コストにして8/5と十分すぎるオーバースペック。
その代わり征圧力は1止まりで、特技は漢鳴のみと実質無特技だが贅沢は言えないだろう。
将器はどれも2コスト騎馬・計略と噛み合ったもので、デッキの方向性に合わせて選ぶことができる。
塗りあいや遊撃でリードを取るなら征圧上昇、攻城で逆転のタイプならマウントに強い突撃術か速度上昇が有用だろう。

計略は奮激戦法の漢鳴版。
効果時間は約6.3cで、漢鳴レベルによる強化は以下の通り。
0:武力+3、兵力+30%
1:武力+4、兵力+40%
2:武力+6、兵力+60%
3:武力+8、兵力+100%以上
(Ver.2.0.1B)

漢鳴計略としてはレベル0・2・3に持ち味があるタイプ。
漢鳴0では士気3の奮激戦法と比べると士気効率の悪さが顕著だが、
王子服自体の素武力が8ということを加味すると最初の漢鳴としては決して悪くない。
漢鳴レベル2からは士気以上の効果を発揮し、相手のカウンターを高いラインで妨害したり、号令の足並みを乱したりすることが可能。

ただ、通常の奮激戦法は連発もまた持ち味に対してこちらは漢鳴計略なので連発には向かない点に注意。
高武力騎馬が回復をしながら延々と戦場に居座ると言う使い方も一応可能だが、普通の奮激戦法と違い士気4。
何も考えずに使うと士気管理が難しくなるため、ご利用は計画的に。

現在、漢鳴唯一のコスト2武力8騎馬で、計略も場面を選びにくく潰しがききやすい安定感のある一枚。
主力としても主力の補佐としても、様々なデッキで活躍できるだろう。

登場バージョン

Ver.1.2.0A

修正履歴

Ver.1.2.0C 【漢鳴0〜3】武力上昇値増加 +2/+3/+5/+7→+3/+4/+6/+8
Ver.1.2.0E 【漢鳴0〜3】兵力回復量増加 10%/20%/40%/?→20%/30%/50%/80%
Ver.2.0.1B 【漢鳴0〜3】兵力回復値増加 20%/30%/50%/80%→30%/40%/60%/100%以上