カードリスト / 第1弾 / / 荀イク


武将名じゅんいく ぶんじゃく王佐之才
荀彧 文若「清き天下を取り戻すため、
   私は殿をお支えします」

曹操の覇道を支えた政治家。若くして「王佐の才」を持つと評された。当時、一太守であった曹操に仕えると、人材登用や戦略提案など多岐にわたって活躍。呂布や袁紹など多くの難敵に苦しむ曹操を補佐し、覇者の座へと導いた。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力4 知力9 征圧力2
官職文官
特技-
将器遠弓術 速度上昇 守城術
計略玄妙なる反計反計】(敵が計略を使用してきたときのみ使用可能。反計反計できない)
敵の計略の発動を無効化する
必要士気4
Illustration : 竜徹Character Voice : 代永翼


曹操最大の腹心とされる人物。また、荀攸の年下の叔父にあたる。

コスト1.5で武力4弓兵にして無特技と戦力としては不安が残る。
伏兵がなく、計略に知力が関係ないので高知力が持ち腐れになりやすい。
征圧力は2あるので、弓を撃たせるだけでなく前衛の塗り残しをフォローさせるなど柔軟に動かしたい。
エラッタ前は武力3特技無しであり、彼一人を入れるにはリスクが大きすぎた。

計略「玄妙なる反計」は名前通り反計
通常の反計とは異なり、効果範囲が前方に伸びており方向もカードの向きに動く。
計略範囲は自城前から戦場中央より少し遠くまで届く。中央に立てばほぼ戦場全体をカバーできるほど。
ただし必要士気が4と通常の反計よりも多くなっているため、必要な時に反計の士気が足りない事の無いよう士気管理が重要。
バージョンが変わるごとに毎回強力な計略が出現するが、それらはこの一枚でほとんど対応可能。
特に大型計略に依存しているデッキ・効果を積み上げていく漢鳴計略や覚醒計略に無類の強さを誇る。

長い範囲は特に攻城戦においてその真価を発揮する。

味方が攻城している後ろから弓と反計で援護する反計マウントは非常に強力。
自身中心円の反計は使用するにはかなり近付く必要があり、計略を使わなくても先に落とされやすかったが、
荀彧の場合は前線に居る必要が無い為、超絶強化持ちなどの高武力武将相手にもマークしやすいのは利点。
荀彧が居るだけで反計のプレッシャーを与えられるので、出来るだけ戦場に居座っておきたい。
さらに速度上昇の将器を覚醒させれば、マークした敵を逃がしにくくなる。

短所としては、士気が1重いことが大きく反計の魅力である士気差の旨味が少ない。
士気4の計略を反計しても互いに同士気を失うだけで有利が取れるわけではない。
また、士気3以下の計略を反計した場合は逆にこちらが士気差を付けられてしまう。
反計するより別計略で対抗した方がいい場合もあるので、「反計可能」の表示が出ても
条件反射でボタンを押すのではなく、敢えて反計しないという選択も時には必要となる。

昔から変わらないが、操作の難易度が非常に高いことが上げられる。
部隊をマークし続けるだけならばさして難しくはないが、戦闘や征圧戦を同時に行うと途端に難易度が激増する。
ただでさえ騎馬が多く操作量が多くなりがちな魏デッキだと部隊運用がグダグダになる危険性があり、円滑な運用はそれなりの慣れを必要とする。
そして、動き回る騎馬等をマークするためには微調整が必須であり、武力4とはいえ1.5コストが弓を打てない事も。走射で上手くフォローしたい。
守城時もキー計略を見ていると攻城部隊に横弓を撃てない、なんていうジレンマもある。

荀彧を相手にする側としては荀彧の位置を把握して計略を使用する必要がある。
号令を撃つと思わせておいての単体強化やダメージ計略と言った荀彧の裏をかく戦略も重要になる。
射撃の方向である程度の方向がわかるので、複数の選択肢があるなら上手く視線を掻い潜る事が出来る。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.0.0D 計略範囲拡大
Ver.1.0.5A 計略範囲拡大
Ver.1.0.7A 計略範囲拡大(横幅2マス、縦幅6マス強)
Ver.1.1.5A エラッタ実施「武力変更 3⇒4」
       計略範囲縮小
Ver.1.2.0D 計略範囲縮小
Ver.2.0.0C 計略範囲縮小