カードリスト / 第1弾 / / 李通


武将名りつう ぶんたつ
李通 文達「つえぇ奴のにおいがするぜ……
  ぬおっしゃあ!オレの出番だな!」

曹操に仕えた武将。大飢饉には私財を投げ打って兵と粗食を分け合った兄貴肌の猛将。劣勢でも敵の甘言に乗る事は無く、窮地に立った味方を救う為に駆けつけると、たびたび包囲陣を突破する輝きを見せた。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力3 知力2 征圧力1
官職武官
特技勇猛 攻城
将器兵力上昇 突撃術 速度上昇
計略特攻戦法自身の武力と攻城力が上がるが、効果中は強制的に前進する
必要士気4
Illustration : ヨシモトCharacter Voice : 森久保祥太郎


知る人ぞ知る曹魏の隠れた猛将。

スペックは1コスト武力3勇猛・攻城持ち。征圧力1は仕方ないとして、知力が低めの2なのが気がかり。
Ver.1.1.5Aにてエラッタ修正が入り特技攻城を持ち、計略が神速戦法から特攻戦法に変更されている。
将器が完全にエラッタ前の名残であり、騎兵との相性は悪くないが攻城特化としては微妙なのが何とももどかしい。

計略「特攻戦法」は汎用計略。自身の武力を+3、攻城力が1.25倍+固定値2%されるが強制的に前進する。
効果時間は5.8c。知力依存0.4c(Ver.2.6.0A)

端攻めしやすい1コスト騎馬、特技・攻城、計略も特攻戦法と、スペックから計略まで完全に攻城特化の一枚に仕上がっている。
1コストとして最低限のスペックを持つので、攻城以外の場面でもそれほど腐らないのもポイント。
一方で、肝心の攻城ダメージは元が1コスト騎兵のため、期待できる程の威力は出ない。
特技攻城+特攻をもってしても攻城無し中コスト槍にすら容易に逆転されるレベルである。
あくまで1コスト騎馬にしては、という程度なので過信は禁物。

単体で見れば攻城特化の騎兵として悪くないのだが、攻城特化の騎兵は全コスト帯に多く存在する。
汎用性の高いor爆発力の高い計略を持つ事も多い為、中々採用されないのが実情。
Ver.3.0.0現在では魏の槍兵も充実してきており、攻城力に困る場面が少なくなっているのも逆風。

コスト1に攻城特化騎兵を求める場合は魏復刻イラストの方の賈南風が大きなライバル。
将器も速度上昇と被ったうえでレアリティの差で副将器攻城を一個多く持つ為素の攻城力では僅かに上回り、勇猛はないが代わりに魅力を持つ。
更に計略はVer.3.0.0時点でも唯一の攻城中に使えるダメージ計略と、実用性もロマン性も奪われてしまっている。
そもそも魏のコスト1騎兵は数多くのバリエーションを持つ為、李通が埋もれる要因の一つになっている。
彼を採用する場合、素武力3・素征圧力1を確保できる特技持ちの1コスト騎兵という点を活かしたいところ。

Ver.2.6.0Bで文帝の覇道にエラッタ修正が入り攻城力上昇効果が付いたことは追い風。
文帝の覇道の武力上昇量の低さと曹丕自身の素武力の低さによりパーツの武力を少しでも高めたい観点から、素武力3の特技攻城持ちの李通が注目されることに。
それをきっかけに、特に素武力が低いデッキやコスト1騎兵に将器を回す余裕がないデッキ等でも採用される事が多くなった。
エラッタ直後は散々な言われようだったが、Ver.2.6.0C辺りになって評価され始めてきている。

余談だが、義勇ロード・魏伝第六章第三話では李通の計略使用で発生するイベントが発生する。
が、攻城が全く無意味になる連続戦にもかかわらず特攻戦法を使用させられるという困ったことになっている。
しかもそのイベントの効果が、知力増加と突撃ダメージ増加。強制前進する特攻戦法では突撃ダメージ増加の恩恵は薄い。
これもまたエラッタ前の名残だが、なんとももどかしいところである。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.1.5A エラッタ実施「特技:攻城追加、計略変更:神速戦法⇒特攻戦法」

Menu

最新の20件

2020-09-22 2020-09-21 2020-09-20 2020-09-19

今日の20件

  • counter: 36013
  • today: 3
  • yesterday: 8
  • online: 62