カードリスト / 第1弾 / / 馬鈞


武将名ばきん とくこう
馬鈞 徳衡「ヒヒヒッ、戦いは変わった!
  攻城も防衛も自由自在じゃ!」

魏の大発明家。若いころは誰もその才能に気づかなかったが、曹叡の時代に取り立てられ多くの発明品を生み出した。諸葛亮の連弩に対し「自分なら5倍の性能に改善できる」など吹聴したが、周囲の理解をなかなか得られなかったという。
コスト1.0
兵種攻城兵
能力武力2 知力5 征圧力0
官職文官
特技伏兵
将器知力上昇 速度上昇 同盟者
計略水計敵に水によるダメージを与える。ダメージは互いの知力で上下する
必要士気7
Illustration : 牧野卓Character Voice : 落合福嗣


旧作では士気12のトンデモ計略を持ちだした馬鈞が、本作でも攻城兵として参戦。

魏唯一の攻城兵だが、武力2の攻城兵は戦闘ではほぼ使い物にならない。
鈍足に加え征圧力0なので征圧もできず、敵城に到達することではじめて活躍を期待できる。
一応伏兵持ちだが素知力5である為あまり威力には期待できない。
単純にダメージ狙いをするよりは、ステルス攻城の為に活かすのも面白いか。
将器だが、単純に活用するならば知力上昇が無難だろう。

計略は「水計」。魏では数少ないダメージ計略。範囲は前方の横長長方形。
とは言え素知力5が災いして確殺範囲は知力2。知力上昇の将器を付けてやっと知力3が確殺になる。
ただし、足が遅い攻城兵では複数部隊を範囲に入れる位置取りは難しい。
相手が不用意に近づいてくれば一網打尽に出来るが、相手に大きく依存するため安定して役立つとは言い難い。
伏兵威力も上がるとはいえ、彼に将器を割くメリットがあるかはよく考えたい。

最大の問題は魏と言うお国柄、攻城兵が求められる事が少ないと言う事。
また、水計と言う点でも素知力が高く範囲に入れやすい騎兵の曹華の存在が大きい。
単純に採用するのであれば、国と兵種とスペックの壁が厚すぎるのでかなり厳しい。

採用デッキが限られていた参戦当初ではあったが、魏に兵種数依存計略が登場したため、魏唯一の兵種という利点を活かせるようになった。
頂上対決でも登場するなど活躍の場は参戦当初よりも増えている。

ちなみに大将軍の大号令の効果を受けられる唯一のダメージ計略持ち.......ではあったがカード追加で雷薄が群雄に加入してしまったため差別化はできなくなったのは少々残念。

登場バージョン

Ver.1.0.0F