カードリスト / 第1弾 / / 霍峻


武将名かくしゅん ちゅうばく
霍峻 仲邈「認めてほしけりゃ
 実力を見せてもらおうじゃねえの!」

元は劉表配下だったが、劉表死後は軍勢を率いて劉備軍に参加した。益州攻めでは一年間敵を足止めするなど大いに活躍。魏の張郃が攻めてくると、援軍に駆けつけた老将の黄忠と厳顔の力量を疑ったが、その武勇を見て認識を改めたという。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力3 知力2 征圧力1
官職武官
特技復活
将器攻撃力上昇 長槍術 地の利
計略守勢の剛槍武力が上がる。劣勢の時は、さらに武力と槍撃ダメージが上がる
必要士気3
Illustration : ジョージCharacter Voice : 祐仙勇


実は大戦初登場となる、霍弋の父親。
三国時代にもかかわらず何故かゴーグルがくっ付いたサバイバル風味。
それで地の利を持っているのではないか…というのは邪推か。

コスト1としては高めの武力3を備えながら、特技復活を併せ持つ良好な性能。代償に征圧力は1。
倒されやすいコスト1槍兵にとって特技復活は攻防両面に渡り大きく貢献する。
将器も低コスト槍が持つものとしては優秀なものが揃う。

新たに得た計略「守勢の剛槍」は劣勢時に効果を発揮する守勢シリーズの槍版。
通常は武力+2だが、劣勢時に使用すると更に武力が+5(合計+7)され、槍撃ダメージが+8される。
効果時間は7.5c、知力依存0.8c(Ver.2.6.0C)。

使用状況が限られる上に速度も長槍も無いため、活躍できるのはごく局所に限られる。
ただ相手が攻城を継続してくる限界状況においての火力は申し分ない。
いい意味でも悪い意味でも火力だけは強力と言って差し支えないだろう。
それを武闘派の1コストが持っているのだから素質十分である。

計略をより活かすなら彼に将器長槍術を持たせたい。その場合復活との噛み合いのよい地の利を捨てることになるのが気がかりではあるが……
また、征圧力1の蜀の1コストは競合相手が多く、役割がある程度被る上機動力に富む趙広や一部のゲームメイクを拒否できる諸葛鈴などは採用率も高く難敵。

計略は当初「強化戦法」であり純然なスペック要員になりがちで、そのスペックに関しても蜀には優秀な武将が多く、それ以上の事が出来ない悩みがあった。
Ver.2.5.0Cのエラッタで計略が専用の物になり、遂に完全な独自性を得るに至った。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.2.5.0C 計略変更 強化戦法→守勢の剛槍
Ver.2.5.1B 【計略発動時に自軍が劣勢の場合】槍撃ダメージ増加 +5→+6
Ver.2.6.0C 【計略発動時に自軍が劣勢の場合】槍撃ダメージ増加 +6→+8

Menu

最新の20件

2020-06-05 2020-06-04 2020-06-03 2020-06-02 2020-06-01 2020-05-31 2020-05-30

今日の20件

  • counter: 32475
  • today: 6
  • yesterday: 11
  • online: 69