カードリスト / 第1弾 / / 劉備


武将名りゅうび げんとく流浪の大器
劉備 玄徳「さあて、旗揚げの時だ!
 乱れた世は、オレたちが塗り替える!!」

蜀の初代皇帝。前漢の皇帝の末裔。貧しいむしろ売りの身の上だったが、漢王朝の復興を悲願とし、関羽、張飛を義兄弟として兵をあげる。長い間雌伏の時を余儀なくされたが、その人徳を慕って数々の名将が劉備の元に集った。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力6 知力7 征圧力2
官職武官
特技復活 魅力
将器攻撃力上昇 長槍術 募兵
計略劉備の大徳蜀の味方の武力が上がる
必要士気6
Illustration : ニシカワエイトCharacter Voice : 森久保祥太郎


三国志演義の主人公にして蜀漢の初代皇帝。
武器もしっかり演義での得物である雌雄一対の剣を所持している。

単純スペックでは数値だけ見れば低いが、征圧力2に特技2つ。特に復活が撤退前提の槍兵と非常に噛み合っている。
特に号令デッキでは足並みを揃えたいので、キーカードが戦線に戻りやすいのは大きい。
とは言えコスト比武力の低さは深刻である為、将器は攻撃力上昇が第一候補になる。

計略「劉備の大徳」は蜀限定の英傑号令で、自身中心円の武力+5効果時間8.8c、知力依存は0.4c(Ver.2.1.0D)
号令の中でも範囲が広いのが特徴で、上手く広がって進軍することによって相手の妨害やダメージ計略をまとめてくらうリスクを低減できる。
Ver.2.1.0D時点の範囲は戦場中央にいる場合、両サイドが丁度1マス空く広さ。端に寄せた部隊こそ入らないが範囲がある号令としてはトップクラスである。

英傑号令は曹操・孫権・劉備にそれぞれ武力+5の号令が各勢力に与えられているが、劉備の強みは主に2つ。
1つ目はその広大な範囲。
号令全体で見てもトップの広さであり、戦場全体に広がる味方をも余裕で範囲に捉える事が出来る。
曹操・孫権も度重なる上方修整を経てかなりの広さになっているが、戦場中央付近からでも大抵の場所をカバー出来るのは劉備だけの特権である。
2つ目は劉備自身のスペック。
デッキに無理なく組み込めるコスト2の槍で、基本である槍馬の編成がしやすく裏の手も仕込みやすいという編成の自由度は他2人に比べて高い。
劉備の大徳が効果的に働かない場面でも臨機応変な戦い方に移行しやすく、キーカードが落ちて何も出来ないという状況を生み出しにくい。
突出した部分は少ないが圧倒的に不利なデッキは少なく、各武将の役割をしっかり分けられる。

非常に使いやすい号令だが、自身の武力の低さが弱点である事は否めない。
最前線での戦闘や攻城役となるコスト2槍兵の武力が6なのは復活持ちとはいえ心許ない。
また、槍兵であるためラインの上げ下げの速度が遅くなりがちなので、騎兵を多めに採用する等フォロー出来る武将を準備しておきたい。

Ver.1.1.0で桃園劉備が追加されたのは完全に向かい風。
名前が被っている為同時採用はできず、おまけにあちらはリスクがあるとは言え武力+10の超絶号令。
貴重な英傑号令持ちのはずが、一気に数を減らしてしまった。
だがVer.1.2.0Eの勝率ランキングでは蜀のメイン計略持ちとしては桃園を退けトップを獲得している。
確かに単体では戦況を変えるパワーには乏しいものの、使い手とデッキ次第でどんなデッキとでも戦えることを証明している。
その使いやすさに関しては他者の追随を許さないので、まだまだ十分一線を張れる英傑号令である。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.0.0D 効果時間延長 7.0c→7.5c
       範囲拡大
Ver.1.0.5A 範囲拡大
Ver.1.0.5C 効果時間延長 7.5c→7.9c
Ver.1.2.0E 効果時間延長 7.9c→8.3c
Ver.2.1.0A 効果時間延長 8.3c→8.8c
Ver.2.1.0D 範囲拡大