カードリスト / 第1弾 / / 潘璋


武将名はんしょう ぶんけい
潘璋 文桂「ヒャハハ、いい切れ味だぜ!
 この武器は誰にも渡さねえ!」

孫権に仕えた武将。粗暴かつ強欲な性格であり、無銭飲食や殺人を繰り返したが、治安面での功績も大きかったため孫権の頭を悩ませた。樊城の戦いでは関羽の退路を断って生け捕りにする大功を挙げ、青龍偃月刀を褒美として得た。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力3 知力4 征圧力1
官職武官
特技伏兵
将器攻撃力上昇 長槍術 復活減少
計略長槍戦法武力が上がり、槍が長くなる
必要士気3
Illustration : Yocky


孫呉でもトップクラスの問題児が、関羽から奪った青龍偃月刀を持って参戦。
発言は完全にチンピラそのもの。

武力3と征圧1を保持しながら伏兵を持つコスト1槍。
他を見渡しても中々のハイスペックであり、伏兵を踏み合っても一撃撤退が少ないぐらいの知力もある。
ただ自身の伏兵は知力1を撤退させる程度なのであくまでも牽制。

さらに騎馬への牽制に便利な、呉唯一の槍強化である長槍戦法を持つ。青龍偃月刀繋がりだろうか。
特に城際の戦闘で振り回せば士気3以上の戦果になることも多いだろう。

但しコスト1槍はかなりの激戦区。
特に征圧力2魅力持ちの小喬や魅力防柵持ちの呉国太はデッキを選ばず採用されやすい傾向にある。
但し潘璋自身も低コスト伏兵と言うだけでも十分仕事ができる為、ここに強みを見出したいところ。

なお、最期は関興に討たれたという演義の逸話から、関興と一騎討ちすると特殊台詞になる。
ただあちらは素武力8である為、演義通りバッサリ逝く可能性は高い。