カードリスト / 第1弾 / / 潘璋


武将名はんしょう ぶんけい
潘璋 文桂「ヒャハハ、いい切れ味だぜ!
  この武器は誰にも渡さねえ!」

孫権に仕えた武将。粗暴かつ強欲な性格であり、無銭飲食や殺人を繰り返したが、治安面での功績も大きかったため孫権の頭を悩ませた。樊城の戦いでは関羽の退路を断って生け捕りにする大功を挙げ、青龍偃月刀を褒美として得た。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力3 知力3 征圧力1
官職武官
特技伏兵 防柵
将器攻撃力上昇 長槍術 復活減少
計略長槍戦法武力が上がり、槍が長くなる
必要士気3
Illustration : YockyCharacter Voice : 江越彬紀


孫呉でもトップクラスの問題児が、関羽から奪った青龍偃月刀を持って参戦。
発言は完全にチンピラそのもの。

呉の1コストでは唯一となる武力3の伏兵持ち。
しかしエラッタにより防柵を得る代わりに知力4→3に下げられ伏兵持ち最低の3となり、伏兵としては非常に癖が強い。
知力9以上の伏兵とかち合ってしまうと捕まえるどころかそのままこちらがお陀仏になってしまう上に、解除の順番次第では伏兵ダメージすら与えられない。
ただし1コスト槍兵で武力3柵持ちとして見ると、全勢力を見ても唯一の存在である。
将器はいずれも槍兵との噛み合いは悪くない。

計略は汎用の「長槍戦法」。
城際の戦闘で振り回せば士気3以上の戦果になることも多いだろう。

呉軍のコスト1槍はかなりの激戦区。
特に征圧力2魅力持ちの小喬や魅力防柵持ちの呉国太はデッキを選ばず採用されやすい傾向にある。
前述の通りエラッタで物凄く癖の強い1枚になってしまった為、扱いには細心の注意が必要。この辺は史実通りと言うべきか。

なお、最期は関興に討たれたという演義の逸話から、関興と一騎討ちすると特殊台詞になる。
ただあちらは素武力8である為、演義通りバッサリ逝く可能性は高い。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.2.6.0B エラッタ実施「知力4→3、特技変更 防柵追加」

Menu

最新の20件

2021-10-25 2021-10-24 2021-10-23 2021-10-22 2021-10-21 2021-10-20 2021-10-19

今日の20件

  • counter: 35004
  • today: 9
  • yesterday: 6
  • online: 51