カードリスト / 第1弾 / / 太史慈


武将名たいしじ しぎ報恩の一矢
太史慈 子義「恩義に報い続けて生き……
   いつか大志を叶えてみせる!」

母の恩人を救うため、単騎で黄巾賊の包囲を突破した猛将。後に劉繇配下となり、孫策と一騎打ちするなど幾度も激戦。ついに敗れて捕らわれたが「敗残兵をまとめて戻る」と言って解き放たれると、約束を全うし孫策の期待に応えた。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力8 知力5 征圧力1
官職武官
特技勇猛
将器兵力上昇 知力上昇 城門特攻
計略剛弓麻痺矢戦法武力が上がり、矢を当てている敵の移動速度を下げる。さらに走射中の矢ダメージが上がる
必要士気5
Illustration : 一徳Character Voice : 鳥海浩輔


史実の有名武将の中でもほぼ唯一、一騎討ちの記録が残る勇将・太史慈。

コスト2武力8の武力要員でありながら知力5は嬉しい。呉だけでなく全勢力をみてもコスト2の弓兵として高性能である。
征圧力は1なので征圧に関しては他の武将に任せる事となるが、元々高武力弓兵は率先して征圧しに行くということが少ないので影響はさほどないだろう。
それに加えて勇猛の特技まで兼ね備えており、2コスト武闘派としては最高クラスのスペックを誇る。
将器は知力上昇が主流。兵力上昇も太史慈を率先的に矢面に立たせるなら悪くは無いが、城門特攻は流石に役割に合わない。

計略「剛弓麻痺矢戦法」は武力が+2され、さらに剛弓と射撃対象の移動速度を0.5倍にする効果を付与する物。
効果時間は6.3c。知力依存は0.4c(Ver.2.1.0D)。

槍兵・騎兵は速度が大幅に上がる強化でないと麻痺矢効果の前に封殺出来る。
正確な弓サーチと最短での走射というスキルは必要になるが、それに見合う働きは充分期待できるだろう。
ただ剛弓は相手との武力差に大きく影響するため太史慈と同等程度の武力の相手に入る剛弓ダメージはあまり大きくない。
この計略一本で大型号令を押し返す力はなく、強化された相手を撤退まで追い込む力もそう高くはない。
弓が撃てなくなると士気5の強化には全く見合わないので挑発なども天敵で、乱戦を避ける手段は必須である。
また、倍速騎兵の突撃は止める事が出来ない点にも注意したい。

なお計略を使用する際にカードを触ってしまうと走射判定が出てしまう場合があるため、予め計略ロックをして無駄なく剛弓を使っていきたい。
また、射程が伸びる効果はない上に本人の将器にも遠弓術がないので、射程には十分注意しよう。
勘違いされがちだが、計略テキストの通り「走射中の矢ダメージが上がる」であって「走射した瞬間に剛弓判定が発生する」ではない。
走射をしてもダメージが発生する前に乱戦されると剛弓判定が出ないため注意しよう。

主に超絶強化の無力化に対して力を発揮するが、弓マウントで使用するのも有効で、帰城・ローテを封じて攻城妨害を減らす効果が強力。
守りでは相手が密集している場所では乱戦されてしまうので、相手が散開して攻めて来た状態での守りに向いている。
全体強化のない小枚数デッキ相手には彼の剛弓も高い効果を発揮するので、各個撃破出来る展開に持ち込んで使いたい。
逆にワラワラデッキ相手に殺到されると乱戦を防ぎきれない場合があるので気を付けたい。 全体強化の対策にこちらも手腕などの号令を仕込んでおいたり、赤壁の大火などの密集した相手に対し効果の大きい計略を仕込んでおくと、
太史慈が苦手な相手のフォローが出来るだろう。

Ver.2.1.0以降、顧雍と組んだ太史慈ワラが環境を席巻。猛威を振るい続けた。
その結果、遂にVer.2.1.0Dにおいて武力上昇値・効果時間を大幅に削られ「超絶強化」と言う言葉が怪しいレベルまで性能がガタ落ちした。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.0.0D 武力上昇値減少 +5→+4
Ver.1.0.5A 武力上昇値減少 +4→+3
       走射時の矢ダメージ減少
       走射開始時に必ず矢ダメージ判定を行うように変更(走射のタイミングに関わらず、剛弓判定が必ず2回入る)
Ver.2.1.0D 効果時間短縮 7.9c→6.3c
       武力上昇値減少 +3→+2

Menu

最新の20件

2019-10-23 2019-10-22 2019-10-21

今日の20件

  • counter: 62259
  • today: 7
  • yesterday: 37
  • online: 73