カードリスト / 第1弾 / / 周泰


武将名しゅうたい ようへい忠烈の傷
周泰 幼平「この体は主の盾……そして矛だ!」

呉の武将。孫策の側近だったが、孫権の強い希望により彼の配下となる。孫権が反乱軍に囲まれたときには、少数の兵を奮い立たせ、全身に傷を負いながらも主を守り切った。数々の戦場で功績をあげ、孫権も若き頃からの忠節に厚遇で報いた。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力7 知力4 征圧力2
官職武官
特技防柵
将器兵力上昇 速度上昇 攻城術
計略漢の意地武力と征圧力が上がる。ただし効果終了時に撤退する
必要士気4
Illustration : RARE ENGINE


その身は孫権を守った名誉の傷で覆われた勇将。
そのスペックは旧作「1」から一切変わっていない辺り、その安定さが伺える。

2コストで武力7のわりに知力4はやや低めだが、代わりに防柵持ち。
騎兵の突撃から守る槍、敵の侵入を防ぐ柵、撤退前提の超絶強化と、城際で輝くスペック。

計略の漢の意地は武力+10・征圧力+2・効果時間約8.3c(Ver1.1.0B)と士気4にしては破格の効果だが、効果終了時に撤退してしまう。
その武力上昇値から正面からのぶつかり合いでやられる事は滅多にない。
号令では対処しきれない程の高武力になる相手への対策として特に有効。
また攻めにおいても城門に張り付いてから計略を使うと武力17の攻城役となり、将器の攻城術とも相性が良い。
ただし他の将器とも相性は良いので、将器を選ぶ場合は任せたい役割をよく考えたい。

ただし弱点もいくつかあり、移動速度が上がったり槍が伸びるわけでは無いので広がった相手を殲滅するには不向き。
相手の号令に対してこの計略で押し返そうとしても、散開されてあまり効果的では無い。
相手の端攻めは他の部隊に任せて自身は城門付近を守ることだけに集中すべきだろう。
征圧力上昇は足の遅い槍兵なので、ほとんどおまけと考えていい。

スルーされるだけで撤退する脆さがある一方で、守護神や攻城役としてはこの上なく頼れる存在。
相手に士気を使わせたうえで城門を守り抜く場合など、相手がスルーしにくい状況を作っていきたい。

呉のコスト2槍は選択肢が少なく、その中でも特に爆発力のある武将。
気軽に使える計略では無いが、いざと言う時に何とかしてくれる可能性を秘めている。
武力が重視される号令デッキのパーツとしても、武力8の黄蓋ではなく周泰を採用しても十分な活躍を見せてくれるだろう。
士気の軽さから混色でも守りには最適で、特に柵を持っていることから舞姫デッキには是非入れたい一枚。
他の自爆計略同様に誤爆してしまうと被害が大きいので、計略ロックを使うなどで対策しよう。