カードリスト / 第1弾 / 群雄 / 馬騰


武将名ばとう じゅせい
馬騰 寿成「俺がこの国を……西涼を守る!」

西涼の太守。異民族の鎮圧で活躍し、偏将軍に任じられている。曹操が献帝を傀儡にしていることを憂いて暗殺計画に参加するも露見し、一族と共に処刑された。遺志は子の馬超が継ぎ、曹操に対して反乱を起こすこととなる。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力7 知力5 征圧力2
官職武官
特技魅力
将器突撃術 復活減少 速度上昇
計略西涼の乱撤退中の群雄の味方が1部隊復活し、武力と移動速度が上がる。ただし征圧力が下がり、効果終了時に撤退する
必要士気4
Illustration : JUNNY


漢王朝の忠臣のはずなのに、なぜか毎回「○○の乱」と言う計略を持ってくる馬超の父親。
本作でもそれは避けられなかったようだ。

コスト2としてはやや物足りないスペックに見えるが、征圧力が2ある騎馬は征圧戦において有利なので使い勝手は悪くない。
計略の性質上なるべく生存させたいが計略を使うほど征圧に悩むことになるので、常に走り回りたい。
君主らしく魅力持ちなのも利点。

計略「西涼の乱」は撤退中の群雄の味方を復活させ、武力と移動速度を上げる。
武力上昇値は+6(Ver.1.5.0A)、速度上昇は槍兵が迎撃されないギリギリの速さになる。
デメリットとして復活した部隊の征圧力が低下するが、征圧目的で使う計略ではないのでさほど問題にならないだろう。
更に効果時間約8c(復活〜出城までの時間を含む)で撤退してしまう。(Ver.1.0.0F)
群雄には瞬発力の高い計略も多いがこれもその一つ。
復活した部隊は自城からのスタートなので攻めでの活躍は時間的に難しい。出城後すぐに戦える自城際での守りに活用したい。
馬騰本人が倒されない限り、撤退しても復活してくる高武力高速武将の守備は心強い。

注意する点として、復活する部隊は撤退中の群雄の味方からランダムで選ばれるので、
うまく撤退武将を調整しないと士気に見合った戦果を出すことはできない。
小粒な部隊を極力排除した少枚数のデッキや馬騰以外の群雄の味方を1人にしておく方が運用はしやすいだろう。
また、計略使用後に、対応する形で馬騰自身がダメージ計略・妨害計略等で排除されると、とたんに苦しい形となる。
もともと、守勢で計略を使用している状況が多いため、自爆要素を付与した武将と馬騰が撤退した状況に追い込まれた場合、
城ダメージや内乱ダメージを防ぎつつ、足並みを戻していく事は容易ではない。

西涼の乱を警戒して、馬騰が徹底的にマークされているケースでは、他の計略に士気を回した方が有用な事も多々あるので、
計略使用のタイミングは、敵味方の部隊の位置取りを考慮しながら、好機を狙うようにしたい。

ただ、本人が重く群雄は1コストで(同士気の)完全復活計略がある為採用率は芳しくなかった。
しかしVer2.0.0Cでは復活減少を備えた復活計略持ちの武将である事を買われて
弓呂布と組む事が増え、ようやく居場所を見つけたようである。

修正履歴

Ver.1.1.5A 武力上昇値増加:+5⇒+6