カードリスト / 第1弾 / 群雄 / 董白


武将名とうはく威を借る孫娘
董白「必死に戦わぬ者は、
      打ち首じゃ!」

魔王と恐れられた董卓の孫娘。祖父の董卓から溺愛されたという。董卓が権力を手中に収めた際には、まだ董白は幼かったにも関わらず領地を与えられている。董卓が殺された後、一族も処刑されたが、彼女の消息は不明。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力2 知力4 征圧力1
官職-
特技魅力
将器士気上昇
計略退路遮断敵を自城に戻れなくする
必要士気2
Illustration : ひと和


本人がどうだったかは記録がないのだが、魔王の孫であるため悪女風の性格付けがなされている。

スペックは数値は平凡だが、コスト1で武力2の魅力持ち騎兵は虞氏に続く2枚目と貴重。
中知力のダメージ計略なら何とか耐えられる知力も心強い。

計略の退路遮断は敵の帰城を不可能にしてしまう妨害計略。
範囲は自身から離れた小円で離間の計程度の範囲と少し狭い。(Ver1.0.7D)

相手は帰城が不可能になるのだが、実際には相手は自分の城内エリアへの侵入が出来なくなる。
こちらの攻城を妨害する場合、相手はこちらの兵種アクション不能エリアで突撃や乱戦する城内突撃やもぐり乱戦といったテクニックが使かえなくなる。
つまり相手がこちらの攻城部隊に突撃するのを迎撃しやすくなり、こちらの騎兵マウントが効果的になることも覚えておきたい。

相手を逃がさず殲滅してそのまま攻城まで持ち込むのが代表的な使い方。
董卓の暴虐なる覇道は単体では屈指の殲滅力を誇るが、城ダメージを受けるので何としても攻城を奪いたい。
そこで退路遮断を使って相手を逃さず撤退させてしまえば、悠々と攻城する事が出来る。
他にも滅葬の魔王の董卓や、魏の関羽、呉の蒋欽のような、相手を倒すと追加効果が得られる計略とも相性が良い。
また妨害計略とのコンボも有力で、厳氏や李儒の毒計略は城に入られると効果が消えてしまうが、
退路遮断で城に帰れなくしてしまえば相手は効果を消すことが出来ない。

計略のコンボ目的でなくても、素武力の高いデッキなら開幕で単体で使っていきなり攻城に持ち込むのも有効。
開幕乙デッキに魅力や士気上昇を用意できるためいきなりの攻勢も狙える。

相手に居た場合は士気2の計略なので浄化の計ですら士気‐1の士気差を背負ってしまい、対処は厄介。
出来るだけ複数の主力が範囲に捉えられないように心がけたい。
特にこちらの引き際に董白が付いて来ている場合には退路遮断に備えて、部隊を散開させる等の対処が必要だろう。

群雄のコスト1は激戦区であるが、上手く使えば相手を一網打尽に出来る可能性のある1枚。
この計略を持って最低武力を回避どころか良好なスペックを備えているため、EXカードらしからぬ非常に完成度の高いカードである。

コンパチブル武将

Ver.1.1.5A EX(LE)董白(復刻武将)

登場バージョン

Ver.1.0.5D (EXカード&グッズキャンペーン)
Ver.1.1.0C (龍玉商店)