カードリスト / 第1弾 / 群雄 / 胡車児


武将名こしゃじ
胡車児「見えるぞ・・・・・・無防備な獲物の姿が」

張繍配下の武将。500斤の荷を背負い1日700里を歩いたといわれる豪傑で、張繍軍一の武勇を誇った。張繍が起こした宛城での反乱の際には、曹操を護衛していた典韋の武器である鉄戟を奪い、討ち取る活躍を見せた。
コスト1.5
兵種歩兵
能力武力7 知力1 征圧力1
官職武官
特技-
将器攻城術 征圧力上昇 突破術
計略強化戦法武力が上がる
必要士気4
Illustration : 池田正輝Character Voice : 真殿光昭


コスト1.5にして武力7という、張梁に続くオーバースペック歩兵。
歩兵なので野戦能力には限界もあるが、乱戦時、特にそれを強いられる城際の攻防ではコスト2にも迫る実力を発揮するだろう。
しかし知力1に無特技、戦闘も乱戦しかできず、計略も強化戦法で効果時間も短いと、
時にデッキの方向性を決める事もあるコスト1.5としては、どうしても短所の部分が目に付いてしまう。
ただしエラッタによって将器無しでも盤面塗りに参加出来るようになった。
似たような性質の張梁と比べると、あちらは回復計略持ちでいざという時に粘れる上にコスト1なので多くのデッキの隙間に潜り込めるのに対し、こちらは1.5コストなので攻城力が高いことと盤面塗りが出来る違いがある。

地味にレアリティがRなので、将器の副効果枠を3つ付けることが出来る。
攻城力強化などうまく副効果が重なった胡車児をゲットできれば面白くなるかも知れない。
ただしRのため縁登用の費用が高く、望みの将器を手に入れる難易度も高くなっている。

将器で特に目を引くのは攻城術だろう。
武力が高いため攻城ゾーンからのダメージも低く、低コストでの城内ローテーションだけでは攻城を防げない。
防ぐためには主力クラスを向かわせるか士気を使う必要があるため、場を乱して戦う消耗型デッキには相性がいい。
他にも盤面を塗る力を上げる征圧力、防衛やずらし攻城で力を発揮する突破術とどれも使い道があるが、
同コストにおいて、ただの使い捨て運用なら復活持ちの李傕や郭汜がいるので、こちらを起用するならその武力を生かす意図を持ちたい。

登場バージョン

Ver.1.0.5B

修正履歴

Ver.1.1.5A エラッタ実施「征圧力変更 0⇒1」

Menu

最新の20件

2019-10-18 2019-10-17 2019-10-16 2019-10-15

今日の20件

  • counter: 27053
  • today: 4
  • yesterday: 30
  • online: 46