第3回ツヴァイク武闘会

アビスゲートを全て閉じると、ツヴァイク公が真の強者を求めて第3回ツヴァイク武闘会 を開催します。
参加者は皆、腕に覚えのある連中ばかり。
歴戦のパーティでも、1対1の戦いではかなり苦戦を強いられることでしょう。
このページは、そんな第3回ツヴァイク武闘会に優勝するためのヒント、コツを集めています。

一般的な戦略

貴方のトーナメントでの戦略を教えてください。

  • 戦略1
    初手でフェザーシール。ハードファイアーで素早さを上げまくって
    リヴァイヴァをかけてから焼き尽くす連発。
  • 戦略2
    霧隠れからウォーターポール+クラウドコールのコンボ
  • 戦略3
    龍神降臨+ダンシングリーフ+オーバーグロウズのコンボ
  • 戦略4
    ストーンスキンの石化進行状態を再生光で解除しつつ押し切る

チーム 「????」

  • 先鋒:ワンダーラスト
    HPはあまり高くないが、物理攻撃で1000ダメ行くことも。タッチゴールドなど即死で一発。
  • 次鋒:玄竜
    月読の鏡が効く。タッチゴールドなど即死で一発。
  • 中堅:トウテツ
    HPは低いものの物理属性以外の攻撃が一切効かない。魔道士系キャラと当たったらアウト。
  • 副将:アスラ
    ご存知閃き師匠。フェロモン等見切りがあればかなりラク
  • 大将:
    サルーインやシェラハと同程度とまで言われる強敵。ただでさえ強いのに、サシで勝負とは…。チェーンソーが欲しい。ん?チェンソーで即死ってことは…
  • 切り札:無し

チーム 「ドラゴンズ」

チーム????と最強の座を争う難敵。
一体は倒せてもWPJPが切れるので当たりそうなら諦めた方が無難かも。
でもチーム「龍の穴」にうっかり負けたりもする。

  • 先鋒:ドラゴンルーラー(青)
  • 次鋒:ドラゴンルーラー(緑)
  • 中堅:ドラゴンルーラー(黒)
  • 副将:ドラゴンルーラー(赤)
  • 大将:ドラゴンルーラー(金)
  • 切り札:無し

チーム 「龍の穴」

  • 先鋒:ハセ
  • 次鋒:ベイダー
  • 中堅:ブルーザー
  • 副将:テリー
  • 大将:ダイナマイト
  • 切り札:ライガー
    全員が毎ターン999回復するのが地味につらい。なお、全員にタッチゴールド等の即死が効きます。

チーム 「超女軍団」

  • 先鋒:ナイトフォーク
    地獄爪殺法さえ何とか防げば楽勝の相手。ここでつまずきたくはない。
  • 次鋒:リリス
    誘惑とライフスティールさえ対策ができていれば問題なし。
  • 中堅:蒼天女
    ウインドダートが痛い。突属性に対する防御を固めよう。ナップにも注意。
  • 副将:ラミア
    凝視対策があると楽。
  • 大将:フルフル
    吹雪対策が無いと即死の可能性も。
  • 切り札:無し

チーム 「アビス帰り」

  • 先鋒:スカルゴイル
    次のアビスドレークよりもランクは上で、体力も高い。
  • 次鋒:アビスドレーク
    体当たりの見切りがあると良い。
  • 中堅:ポイゾンギアン
    意外に素早い。
  • 副将:スカルタイタン
    地震見切りを忘れずに。
  • 大将:ヤマ
    1対1ではかなりツライ相手。リヴァイヴァを駆使しながら戦おう。
    死人ゴケ対策にムーンストーン辺りを装備しておきましょう。
  • 切り札:無し

チーム 「ビートルズ」

  • 先鋒:バーサーカー
  • 次鋒:バーサーカー
  • 中堅:バーサーカー
  • 副将:バーサーカー
  • 大将:アレフ
  • 切り札:無し

チーム 「デビルマスターズ」

  • 先鋒:キマイラ
    やはり炎対策。それ以外はたいしたことはない。
    タッチゴールドが効く。
  • 次鋒:ケルベロス
    三連撃に注意。キマイラよりも弱い。
    タッチゴー(ry
  • 中堅:パイロヒドラ
    こいつに限らず、このチームは炎による攻撃が多いので、アクアマリンでも装備しておけば少しは楽。
    タッ(ry
  • 副将:リーパー
    死神のカマさえ見切ればたいしたことはない相手。
  • 大将:イフリート
    セルフバーニングと火の鳥をどうかわすかが重要。
  • 切り札:無し

チーム 「マリーンズ」

  • 先鋒:ペグパウラー
    特に問題はない相手。
  • 次鋒:ニクシー
    睡眠と魅了に注意。
  • 中堅:ニクサー
    カウンターは気をつけよう。
  • 副将:クラーケン
    HPが高いので、まともにやりあうと不利。
    即死系の技・術で始末しよう。
  • 大将:トリトーン
    体力はクラーケンを大きく下回る。意外に力は強い。
    タッチゴールドが効く。
  • 切り札:無し

チーム 「マジシャンギルド」

物理攻撃がないのでシャドウサーバントがオススメ。

  • 先鋒:ブロンズマギ
    第1回でも登場した下級魔術師。物理攻撃1発であの世行き決定。
  • 次鋒:シルバーマギ
    まれに月読の鏡を使うが、こいつもすぐに片が付く。
  • 中堅:ゴールドマギ
    スターフィクサーによる麻痺がいやらしい。
  • 副将:エメラルド
    かつてある帝国に仕えていた宮廷魔術師。
    朱鳥術が得意のようである。
  • 大将:アリエス
    かつてある帝国に仕えていた宮廷魔術師。
    玄武術が得意のようである。
  • 切り札:無し

チーム 「ジャイアンツ」

  • 先鋒:オーガ
  • 次鋒:オーガバトラー
  • 中堅:ネクロスオーガ
  • 副将:オーガロード
  • 大将:ダンターグ(第4形態)
    強者を求めてこんなとこまでやって来てしまった七英雄。
    地震、体当たり等の見切りと、リヴァイヴァを駆使すれば何とか1対1でも倒せる。
  • 切り札:無し

    Ver.5.98より大将がサイクロプスに変更?

チーム 「エレメンツ」

  • 先鋒:風の精霊
  • 次鋒:土の精霊
  • 中堅:水の精霊
  • 副将:火の精霊
  • 大将:風花
  • 切り札:無し

チーム 「ヘルレンジャー」

  • 先鋒:ドラゴンゾンビ(赤)
  • 次鋒:ドラゴンゾンビ(緑)
  • 中堅:ドラゴンゾンビ(黒)
  • 副将:カーペンター
  • 大将:屍解者
  • 切り札:無し

チーム 「ディノパワーズ」

  • 先鋒:バジリスク
  • 次鋒:バジリスク
  • 中堅:バジリスク
  • 副将:リザードマン
  • 大将:リザードロード
  • 切り札:無し

チーム 「ゴブリンズ」

  • 先鋒:ゴブリン
  • 次鋒:ホブゴブリン
  • 中堅:ドビー
  • 副将:イカロス
  • 大将:マスタードビー
    10本射ちを連続で喰らうとさすがにやばい。
    影ぬいを見切るなり麻痺対策をしないと1対1では意外とつらい。
  • 切り札:無し

チーム 「地獄の壁」

第一回の時と比べるとほんの少し強くなった?
ナッシングのカウンターに注意

  • 先鋒:ダンデライオン
  • 次鋒:ナッシング
  • 中堅:ハッピーラング
  • 副将:ウィナー
  • 大将:ストレイキャット
  • 切り札:マッドブル