FreeBSD / OSUpdate / FreeBSD-Update


FreeBSD/OSUpdate

1. freebsd-update を利用する。

これはバイナリで更新していく方法。OS に自分で手を入れていない場合は、この方法が楽。一般的な使い方の場合は、これで十分。お勧め。

1.1 freebsd-update をインストールする

freebsd-update は ports パッケージに含まれているので、まずはインストールする必要がある。

# portinstall freebsd-update

1.2 設定ファイルを作成する

1.1 の手順の最後でも画面に表示されるが、以下を実行する。

# cp /usr/local/etc/freebsd-update.conf.sample /usr/local/etc/freebsd-update.conf

1.3 とりあえず一回実行してみる

以下のコマンドを実行する。更新が存在すればダウンロードを行う。

# freebsd-update fetch

もしも、「No updates available」と表示されたら、更新は存在しない。つまり最新の状態になっているので安心。そうでなければ以下を実行しダウンロードした更新情報をインストールする。

# freebsd-update install

必要に応じて再起動する。

1.4 定期的に実行するようにする

一日一回定期的に実行するようにする。そのために cron コマンドを利用する。cron コマンドの設定ファイルである /etc/crontab に以下の行を追加する。

0 3 * * * root /usr/local/sbin/freebsd-update cron

更新情報があれば root ユーザへメイルが送られる。メイルが来ていたら手動で freebsd-update install を実行する。

最新の20件

2019-06-01 2019-05-20 2019-05-13 2015-08-29 2009-11-07 2009-06-06 2008-12-20 2006-09-22 2006-06-20 2006-06-19

  • counter: 64
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1