島津家


文明

島津家(しまづけ)

 全兵種の武将・兵種AT+2%
 南蛮町鉄工所の建設費-30%
 固有施設:『郷中』(効果:兵舎武家町)スペース2で120,000。
 固有アイテム:『日新公いろは歌』 戦闘時 統率+30、攻撃+20 金50,000。
 固有兵種:鬼島津


☆オススメ度☆
武 特:★★★★★(鬼島津とAT強化が強い)
知 特:★★★☆☆(知特でも鬼島津は使えなくはない)
統 特:★★★★★(鬼島津で暴れまくる)
政 治:★★★☆☆(兵ATの補正は嬉しい)
建 国:★★★★☆(クセが無くシンプル)

薩摩を根拠地に、「島津に暗君なし」と言わしめるほど代々優秀な当主を排出してきた名家。

文明ボーナスはなんと全兵種で武将・兵種アタック共に+2%されるゴリゴリの武闘派。武特の兵種AT+2%は後述の鬼島津グレネーダー薩摩示現流などのラッキーパンチ系との相性がよく侮れない。また初心者にも分かりやすく強さを感じられるだろう。
中盤以降マストになる南蛮町と値段が高い鉄工所の建設費が-30%と結構な値引き、地味に嬉しい。
他文明にありがちな徴兵コストカットが存在しないため、資金繰りには注意が必要。

固有施設の「郷中」は兵舎+武家町でスペース2。徳川家幻想戦記文明Nika文明のものと同じ。同じ性能のものが多いということは扱いやすいということでもある。値段も12万と固有施設としては安いので、兵舎をすっ飛ばして建てることもある。

固有アイテムの「日新公いろは歌」は統率+30・攻撃+20。金の護符の上位互換になった。
攻撃+20のおかげで、おもに弓で兵数の暴力を仕掛けるときに便利。後方守備の政治家も持てば意外と止められるかも?
戦闘前に読み上げて士気を高めるそうだが、中身は島津義弘の祖父・島津忠良の作った47首の短歌である。しんどい。

固有兵種は戦国時代まさに鬼の如き強さを誇った島津義弘の、或いは彼の兵達の異名、鬼島津
兵種ボーナスは王道の全3%で雑に強い。また通常の騎兵アンチに加えて万能のアンチも持ち、知特の殆どの兵種に加えグレネーダー奇兵隊と言った面倒な相手にも対応できる。
最大の特徴は「島津の退き口」で有名な「捨て奸」と呼ばれる兵種アタック。数十人を生贄にするが、武知統に依存して統率・武力特効+++のダメージを与える。見ての通り補正が大きくかなりの高火力。
統特で連発するのはもちろんのこと、武特・知特でもアンチを取られなければ兵種と文明ボーナスで+5%の補正が乗るため発動に期待でき、全ての能力に依存するために統特と同じ威力で撃てるため、サブウェポンとしても十分すぎる性能。
ここまでの能力で島津なら金400と抑えられている。他文明では金600だが、終盤ならば出費に目をつぶってでも使う価値はある。総じて固有兵種の中でも屈指の性能を誇ると言っていい。

弱点としては防御が30(40)しかないため、ロングボウライフル銃兵ら攻撃の高い弓兵に滅法弱いこと。兵種封印を当てても捨て奸による生贄代と通常攻撃で押し切られてしまう事がある。弓は避けよう。
また、武特の歩兵最終兵器テルシオに一方的にアンチを取られるのが難点。島津相手になると文明にもよるが武特はほぼテルシオ一択になってくるため、増えてきたと思ったら兵種を変えよう。テルシオ未解禁の時期でも薩摩示現流が居るのに注意。

総評するとシンプルかつ全体的に強い。郷中のおかげで施設も揃えやすく、建国初心者には織田家上杉家と並んでオススメの文明。