メイ面


メイ面の歴史

メイ面の管理人であるメイ氏は以前は己鯖の参加者の一人であり、己鯖が
秘密面・農民面・ふぁら面と三つの異なる面を運営していた際にふぁら面で
副管理人を勤めていた時期があった。

その後4つ目の面としてメイ面が開始されることになり、はじめは新興の面で
参加者が少なかったが何期か通して運営を行い人数が増加。最盛期は400名を越える
登録数を獲得するに至る。

当時ふぁら面では2chの板の有志が集まって建国された、俗に板系といわれる国が
統一を続けていたが、逆にメイ面は板系でない(俗にいう原住民・ここでは板系外全ての人を指す)
人の建国や登録の受け皿になっていた面がある。

折り悪く人数が増えた時期に多重問題や管理にてトラブルが発生し、その後は
登録人数が減少していくこととなった。
はじめはマップ・兵種ともにほぼふぁら面のコピーとして始まったメイ面であったが、
期を重ねるごとに独自色を出し一つの面としての個性を出していったといえるだろう。

ふぁら面では武特優位であることが多かったがメイ面では武力アタックの威力が抑えられ
知力系優位が当時の戦闘バランスだった。