トウゴス51期


トウゴス面の歴史

更新開始:2020/01/12 20:00
更新終了:2020/01/26 14:14 [1682年07月]
マップ:元祖・秘密面(西欧)


統一国:お菓子作りの材料屋
君主:にょん(ふなっしー)
文明:Nika

前期猛威を振るった大天使軍が若干ナーフされ、攻防10/10→10/0に変更
50期の統一記念アイテムとして、きんのブイズ像(効果:常時、全ステータス+25)が実装された。
ついでに素肌武者が死亡お休みした



序盤は有力国の立川市・大天使軍・お菓子作りの材料屋が順調に領土を拡大していく。
南西ではリューネ騎士団とクソゲーオブザイヤーが激戦。当初はリューネ騎士団優勢だったものの、
クソゲーオブザイヤーが高い登用力を生かし逆転、激戦を制した。

準決勝は東で大天使軍VSお菓子作りの材料屋
後に西で立川市VSクソゲーオブザイヤーの組み合わせとなった。

36年1月開戦の東の準決勝、当初は10年近く互いの拠点が動かない緊迫した試合となったが
お菓子作りの材料屋が大天使軍の拠点を陥落させた。がしかし、大天使軍の地形は長引きやすい直線の領土であった。にも関わらず
お菓子作りの材料屋は高いON力を活かし、僅か2年で1領土まで追い詰め勝負あり。見事勝利を収め決勝待ちとなった。

西の準決勝は48年開戦。円状の地形で打通合戦になることが予想された。
互いにほとんど領土が動かず迎えた2日目、クソゲーオブザーイヤーの激しい打通をなんとか抑えていた立川市だが
19:00に一斉の撃ち合いとなった。結果、高い錬度を誇るクソゲー国が一斉の撃ち合いを制し、拠点を落としたあと一気に2都市まで追い詰める。
なんとかその日は耐えたものの、立川市はその後反撃の糸口を掴めず、翌日滅亡となった。

決勝はクソゲーオブザイヤーVSお菓子作りの材料屋
領土こそクソゲーオブザイヤーが若干優勢だったものの、一斉の撃ち合いでお菓子作りの材料屋が初日から拠点を陥落させる。
なんとか盛り返したいクソゲーオブザイヤーだったが、お菓子作りの材料屋の強さの前に打つ手だてもなくジリジリと後退を強いられ、そのまま滅亡となった。

統一君主はにょん(ふなっしー) トウゴス面初統一となった。