そっくりさんの鏡


品物
そっくりさんの鏡  そっくりさんのかがみ
 特殊アイテム/徴兵系
 値段:非売品、売価30000 必要技術:なし 効果:徴兵時の能力条件緩和50。

 徴兵する時に装備していると、能力条件のある兵種の雇用の際、その能力条件が50緩和される。
 例えば、政治力100が最低条件とされる兵種でも、このアイテムを装備する武将は、政治力50あれば雇えることになる。
 ケース・バイ・ケースだが、統特+黒色槍騎兵にやられまくっていた武特がリムを雇って対抗できたり、
 大筒の破壊力不足に悩む戦闘文官が、一足飛びに国崩しを雇えたり…そんな可能性が出てくるわけだ。

 なお、プログラムの処理上は、徴兵時のみ、各武将パラに50加算することで処理している模様。
 つまり、徴兵時には各能力が50上昇しているために、結果的に条件緩和されているように見えるわけである。

 このことは思わぬ大きな副産物的効果ももたらしている。
 すなわち、政治力も当然、50上昇しているので、徴兵時の民忠の低下や人口数の減少も緩和するのだ。
 特に政治力の低い武将は、このアイテムを大切に使えば、徴兵テロリスト呼ばわりされずに済む。
 例えば、民忠の低下数は、1+{徴兵数/(政治力×2)}、という式で算出される。
 いろいろと試算してみて欲しいが、政治力が低い武将がこれを装備していると、
 割り算の分母が一気に100も増加するのだから、劇的に民忠低下が抑制できことがわかる。
 (相対的に、ではあるが、政治力の低い武将ほど、改善効果は大きいと言える)
 式は不明だが、人口低下の抑制効果も同様に認められている。
 これを装備すれば、民忠が低いときに滑りっぱなしなっていた徴兵が成功するかもしれない。
 また、それまで自分の徴兵の結果、民忠が激減して直後の武将の徴兵が滑るという事態も防止でき、
 果ては、文官の都市復興の負担まで減ずる可能性がある。