翔鴎祭事後処理委員会


翔鴎祭事後処理委員会

略して事後処、もしくは事後処理。主に、その年度の祭の反省・改善点について話し合い、その先の祭をより良いものにしていこうという趣旨の委員会。
各年度の翔鴎祭終了後、その回の祭実行委員長により招集され、実行委員有志により構成される。建前としては"各回の祭実行委員長が必要と判断した場合"に設立されることになっているが、ほぼ毎回の祭で事後処理委員会は発足している模様。

困ること

元実行委員の有志が祭終了後に集まるということで、つまりは和気藹々とした(?)楽しい委員会になったりする。だがそこは委員会、困惑せざるを得ない事態が多少生まれるのである。

  • 定足数
    "議決を採る"場合、定足数が必要となる(当たり前)。翔鴎祭実行委員会規約により定足数は、その会議を構成する人間(係会議だったらチーフ+係員とか)の2/3と定められている。がしかし、何しろ皆忙しい。遅刻早退欠席がそこそこいたりすると
       「1、2、3…あ、定足数に1人足りない。(時計を見て)多分○○さんがそろそろ戻ってくるから、議決採るのはちょっとタンマ」
       「ただいまお待たせー。議題どこまで進んだー?」
       「あ、帰ってきた!」
       「お帰りお帰り、今ちょっと議決採るからはい内容これね」
       「あー、あー、あー…理解。」
       「じゃあ議決採りまーす。賛成の人は挙手して下さーい」
       (皆挙手)
       「賛成多数で可決ー。じゃあ担当チーフは申し送りに追加して下さいねー」
    という状況になったりならなかったり。いや会議自体は真面目に行われています。

関連項目

ようこそ祭wikiへ

編集する方は記事作成にあたってをご参照下さい。


50音順索引

#include(): Included already: 索引

最新の10件

2018-09-08 2009-09-12 2009-03-31 2009-03-27 2009-03-07

  • counter: 265
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1