Ubuntu


サーバPC

以下はUbuntu 8をゲストOSとして導入する時の内容

ホストOS側の設定

  • Xen上でインストールしたいが、インストールCDで起動できない。
  • qemu上で一旦インストールし、Xen側でディスクを割り当てる。
    • qemu上で起動したときのMACアドレスを控えておき、Xen上で固定化する。
    • インストールCDで起動し、「Memory Test」を選択してすぐに終了するとよい。
  • ディスクサイズ=8000MB
  • メモリサイズ=512MB
  • CPU数=1

インストール

  • 高解像度ではXが起動しないので、F4だかF6を押してセーフグラフィックモードにする。
  • ディスクへインストール
  • インストール後、qemuからXenへ移動
  • パッケージアップデートを実施
  • 「システム」→「システム管理」→「ネットワーク」でIPアドレスを設定
    • 「ローミングを有効にする」をOFF
    • ドメイン名を指定
    • 再起動して有効?
  • 「システム」→「システム管理」→「時刻と日付の設定」でNTPサーバを指定
    • 同時にNTPサポートをインストール

最新の20件

2008-12-27 2016-06-18 2008-05-19 2016-07-23 2016-07-14 2016-05-29 2016-05-13 2016-04-08 2008-12-27 2008-10-11 2008-09-27 2008-05-19
  • Ubuntu
2008-04-19 2008-04-12 2008-02-11 2008-02-10 2008-02-09 2008-02-08 2008-02-07

今日の5件

  • counter: 86
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1