お勧めハードウェア


Lineage桐PCにお勧めな構成など

CPU

リネ2用PCならば、Intel製かAMD製しか選択肢がないです。

  • Intel
    • 代表ブランド:Core2シリーズ(フラッグシップ:Extreme メイン:Duo) CoreDuo?/Solo(ノート・MoDT向け) Pentium4(旧メイン) PentiumD(デュアルコア) Celeron(廉価版) PentiumM Xeon Itanium2
      Core2は、実質的に現在一番高性能なCPU。
      EM64Tで、64bit拡張に対応。
      Duoとつくものはデュアルコア。
      プレスコットコアのPentium4とPentiumDは、発熱・消費電力の面で問題を抱えています。
      65nmプロセスに移行してからのPen4/PenDは発熱がだいぶ改善されています。
      が、Core2が発売された今、あえてPen4/Dで組む必要性は皆無でしょう。
  • AMD
    • 代表ブランド:Athlon64(メイン) Athlon64X2(デュアルコア) Turion64 Opteron
      x86-64にて、コンシューマ向けCPUの64bit化に先行。でも、実用性は…
      Athlon64は、Pen4/PenDと比較すると、低発熱省電力。Core2よりは発熱が高く、若干性能も落ちる。
      自作市場はともかくとして、全体的に見ると、まだまだシェアが低く、マザーボードなど、洗練されきってない感じがあります。
      AMDプラットホームは、伝統的に、チップセットの出来がよろしくないです。
      AM2は939との間に性能の有意差が見られないので、パーツの流用性や、値段、アプグレードパスをにらみつつ、939とAM2のどちらかを選ぶといいでしょう。

マザーボード

オーバークロックとか、付加機能とかよりも、安定性で選んだほうが、長い目で見ると幸せになれます。
最新のパーツを組み合わせて、瞬間風速的な最強マシン組みたい人以外は、安定性で定評のあるものを組み合わせるといいでしょう。
CPUを決めると、おのずとマザーボードの選択肢も絞られます。
あと、マザーボードのサイズは、ケース選択の最大のポイントなので、きちっと計画立てて購入しましょう。

  • サイズ・形式
    • ATX
      • 揺ぎ無き主流本命。
    • BTX
      • CPU以外にも、拡張カードやメモリの発熱が上昇してきたので、総合的に冷却するために策定された、新しい形式。
        BTXのシステムを、ATXのシステムの感覚でサイドパネル開放したまま運用したりするのはアフォです。
        まだまだ普及してません。
    • microATX etc.
      • 小さいマザーボード。
        コンパクトPCを組むには必須となるけれども、拡張性が制限されることが多い。
        とはいっても、ビデオカードが積めたら特に問題ないのも事実。
    • E-ATX
      • 横に幅が広がったマザー。
        主に、DualCPU向け。
  • ソケットタイプ
    CPUを乗せるところのタイプ別。
    • Socket775
      • Core2向け
    • Socket775/478
      • Pen4/PenD向け
    • Socket479
      • PenM/Core向け
    • Socket370
      • Pen係け
    • SocketAM2/939/754
      • Athlon64向け
    • SocketA
      • Athlon向け
    • Socket604/940
      • それぞれ、Xeon/Opteron向け

メモリ

2GB推奨。
1GB以上は欲しいところ。
マザーボードによって、使えるメモリに違いがあるので、マザーボードメーカーのサイトで調べるなど、事前に把握しておくこと。

形:SDRAM SO-DIMM/MicroDIMM
形式:SDR DDR266/333/400/533 DDR2-533/667 RDRAM(RIMM) etc.
ほか:ECC⇔nonECC , Registered⇔Unbuffered , FB-DIMM etc.

HDD

接続インターフェイスでいくつかに分類されます。

  • SerialATA
    • シリアルインターフェイス
      細い信号線が特徴。
      最近のマザーを使っているなら、とりあえずS-ATAをお勧めします。
      速度重視なら↓
      WesternDigital WD740GD
      74GB/S-ATA接続/1万回転/キャッシュ8M
      7200回転のものに比べて、ランダムアクセスに強いです。
      シーケンシャルは最新の7200rpmの一部のモデルのほうが速いみたいですね。
      150Gのモデルも出ました→これ
      S-ATAネイティブになったようです。
  • ATA
    • パラレルインターフェイス
      幅が広く、若干扱いにくいケーブルが特徴。
      古いマザーから、最新のマザーまで、なんでも対応できるのが強み。
      この世界では、「枯れてる技術」は褒め言葉です。
  • SCSI
    • 趣味の世界。
      パラレルインターフェイスだが、シリアルタイプも出回りつつある(Serial Attached SCSI)。
      15krpmのランダムアクセス性能を求めるならば、ほかに選択肢は、現実的には無いです。
      お勧めは、Maxtor Atlas15K2
  • RAID
    • 趣味の世界
      わかってやる人は、自己責任で。
      RAIDに賛成でも反対でも、質問スレにおいて、自分の価値観を他人に押し付ける行為はやめましょう。
      参考までに、wiki管理人の経験上、15krpm単体と、2台のRAID0では、あまり違いが出ませんでした(システムは別のドライブに入れてます)。

ビデオカード

メモリ同様、マザーボードによって、使える種類に違いがあります。

  • ちょっと前までの主流→AGP
    • 性能は十分だが、今後のアップグレードパスが限られる。
  • 最近のモデル→PCI-Ex
    • 今後の主流
  • 一応…→PCI
    • 上記2種類のスロットが無い場合、どうしてもビデオカードを増設したいなら…

メーカーもいくつかありますが、実際問題として選択肢は2つです。

ATi

代表ブランド:RADEON
HT&L実装で一世を風靡したが、その後GeForce?に押しやられる。
ノートPC向けGPUでは、絶対的シェアを持つ。
若干赤みがかった色作り。
一時期のドライバの出来の悪さもあって、低迷していたが、最近盛り返しつつある。
ゲームスタジオとのつながりが若干弱いかも。
リネ兇妨造襪覆蕕弌⊆,GeForce?よりもRADEONを推す声が多い。
カードの周囲にある程度のエアフローがあることが前提に設計されており、ケースなどによっては、カードそのものの冷却が不十分になり、熱暴走することも。

参考:ATiWiki 〜ATi RADEON友の会〜

nVIDIA

代表ブランド:GeForce?
低価格で高性能と、日本車のような売り込みかたでシェアを拡大してきた。
若干青みがかった色作り。
最近は価格・性能ともATi RADEONと大差ない。
以前の圧倒的シェアを背景とした、ゲームスタジオとのつながりが強み。
ゲームは大半がGeForce?用に最適化されてると思っていいかと。
ここ1年ほど、開発スケジュールに乱れが見られます。
LOD周りで、やや難あり?→リネ2と、相性悪い気がしなくも無い。
熱に強いけれども、アイドル時クロックを下げているなど、人によって好みが分かれるところ。高負荷時の発熱・消費電力は凄い。

参考:NVIDIA GPU総合スレッドテンプレ

Menu

FrontPage
FAQ
問題が起こったら
PCに詳しくない人は
お奨めハードウェア
Tips
テンプレ
C5情報 ※詳しくは、リネージュモバイルi公式サイトをご覧下さい。

Link

Lineage狂式
Google
MS
ATI
nVIDIA

最新の10件

2009-05-19 2008-09-26
  • お勧めハードウェア
2008-08-31 2008-01-12 2007-03-27 2006-11-13 2006-09-22 2006-07-02