はじめに


はじめに

 初回のみお読みになり当サイトの基本方針等をご理解ください。

サイト概要

  • 当サイトは、人権擁護法案について説明し、法案反対運動をサポートするサイトです
  • PukiWikiを利用しているためどなたでも加筆修正が可能となっております。
  • 情報提供、誤報指摘などございましたら、直接ページの編集を行うか、BBSへ書き込みをお願いします。
  • 当サイトはリンクフリーです。連絡も不要です。

基本方針

  • 第一に今国会での法案成立の阻止
  • 法案の将来的な再提出の阻止(内容が修正され、問題が解決された場合は別とする) 以上を目標とし、合法的な活動を展開することです。

目標

  • 現職国会議員の過半数を人権擁護法案反対派とする。
  • 現職国会議員の法案推進派を落選させ、法案反対派の議員を新たに国会に送り込み、 将来の国会議員の過半数を人権擁護法案反対派である状態を維持する。

最優先事項は,任后今は冷静に目標,涼成の為に打つべき手を打ち続けることが大切です。

活動内容

  • 反対派議員が推進派に切り崩されないように直接応援や激励をする。
  • 中立派員や推進派議員に直接、法案の危険性をアピールして反対派に引き込む。
  • 各政党へ法案の危険性をアピールする。
  • 各国会議員や各政党の支援団体へ法案の危険性をアピールする。
  • 有権者へ法案の危険性をアピールする。

Aは国民が反対派議員に対して電話、FAX、メールなどで応援や激励のメッセージを送り続けることということになります。

Bは国民が直接説得する場合と、反対派議員が説得にあたる場合とがあります。&BR ただ、いずれにしても、多くの中立派・推進派議員の場合、下記C、D、Eにおける反対派優勢の状況が伴わなければ 反対派への転向は困難と思われます。

Cの場合も、国民が直接説得する場合と、党所属の反対派国会議員が説得にあたる場合とがあります。&BR また、地方組織や地方議員を通して党本部を説得させるという方法も考えられます。

Dの場合も、国民が直接説得する場合と、反対派国会議員が説得にあたる場合とがあります。

Eの場合、手法としては、口コミ、ビラ配布、デモ、集会、有識者による講演・出版、 反対派議員による広報活動、マスコミによる報道、などがあります。