《審判の悪魔》


審判の悪魔(ジャッジ・デーモン)/Judge Archfiend》

効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻2200/守2000
このカードは通常召喚できない。
自分の手札から闇属性・悪魔族モンスター1体を墓地に送る事で特殊召喚できる。
このカードが攻撃対象に選択された時、
攻撃対象を別の自分のモンスターに変更できる。
このカード以外の自分の悪魔族モンスターが攻撃するターン、このカードは攻撃できない。
1ターンに1度、自分の手札・墓地からレベル4以下の
「ライフポイントを払う効果」を持つ「デーモン」と名の付くモンスター1体を特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚されたモンスターの効果は以下の効果に変更される。
●相手モンスターを戦闘によって破壊した場合、自分はデッキからカードを1枚ドローする

 「ディメストシリーズ」で登場した。闇属性・悪魔族の特殊召喚モンスター。
 通常召喚できない効果と自身を特殊召喚する召喚ルール効果。自身への攻撃を別のモンスターに押し付ける誘発効果。
 「ライフを払う効果」を持つ「デーモン」を特殊召喚しそのモンスターの効果を変更する起動効果。自身の攻撃を抑制する永続効果を持つ。

  • 通常召喚できないが、蘇生制限を満たせば幾らでも使い回すことが出来る。
    また、正規の方法による特殊召喚もディスアドバンテージは負うがそれほど難しいものではない。
    このカードの特殊召喚によって負ったディスアドバンテージは一番最後の蘇生効果で帳消しにできる。
  • 二つ目の効果は自身への攻撃を別のモンスターへ移す効果。
    このモンスター自体ステータスは高いのだが、シンクロモンスター等は普通に超えていける程度である。
    あって損は無いだろう。
  • 三つ目の効果はこのカード自身の攻撃を抑制する永続効果。
    明らかなデメリット効果だが、四つ目の効果のことを考えると妥当であろう。
  • 四つ目の効果はライフを払う効果を持つ「チェスデーモン」専用の蘇生効果である。
    この効果がこのカードを使う最大の理由だろう。
    ノーコストで手札からでも墓地からでも特殊召喚できるので相当強力と言える。
    また、この効果には「蘇生したモンスターの効果を変更する」という非常に珍しい効果が付いている。
    チェスデーモンはどれもライフコストが必要なモンスターであるが、このカードの効果で蘇生した場合はそのライフを払う必要が無い。
    この為、後半でも割りと気軽にチェスデーモンを呼び出すことが出来る。
    また、変更された効果の内容は戦闘で相手モンスターを破壊するとドロー効果を発揮するという非常に便利なものである。
    出来る事なら積極的にこのカードを使っていきたい。
  • 登場作品において―
    DIMENSIONAL STORY マッチキルモンスターの脅威」において風馬が使用。 その効果により、《デーモン・カオス・キング》の召喚補助やデーモン達の展開、そのドロー効果で風馬のデュエルを有利に導いた。

登場作品

このカードを使用する代表的なデッキ

関連カード

  • 《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》

関連リンク

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2021-04-07 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 1278
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 5

edit