《マッハ・ガンナー》


《マッハ・ガンナー/Quick Draw Gunman》

効果モンスター
星6/風属性/戦士族/攻2000/守2000
このカードは相手のカードがセットされた場合、手札から特殊召喚できる。
この方法で特殊召喚したこのカードはシンクロ素材にできず、直接攻撃できない。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
全プレイヤーのセットされたカードは墓地に送られる。
この効果で墓地に送られたカードのコントローラーに、
1枚につき800ポイントのダメージを与える。

 「ディメストシリーズ」で登場した風属性・戦士族の半上級モンスター。
 自身を特殊召喚する召喚ルール効果と実質的にセットを完全に封じる永続効果を持つ。

 レベルの割りにステータスは上級モンスターの基準点以下だが、自身の効果で簡単に特殊召喚できる。
 自身の効果で特殊召喚した場合はシンクロ素材になれない為、折角の高レベルを生かせないが、後半の強力なコントロール効果の事を考えれば当然だろう。
 ちなみに、この召喚ルール効果による特殊召喚は相手のターンでも行なえる為、後半の効果と強力なシナジーを形成している。

 後半の効果は劇中の台詞通り、《ガトリング・オーガ》やトラップカードを多用する【パーミッション】等にとって天敵といえる効果。
 自身の効果で特殊召喚すれば最低でも800ダメージは見込める上、永続効果の為《天罰》等で無効にできない。
 【ガトリング・オーガ】においては《ガトリング・オーガ》で大ダメージを狙おうとした瞬間、このカードが飛んできてトドメを刺された等という悪夢のような自体になりかねない。
 《ガトリング・オーガ》の効果は1ターン内の使用回数制限がないため、1枚伏せて射出、を繰り返せば最悪の事態は避けられるだろうが。
 自分のセットも封じられる為、このカードを中心としたデッキ構築にする必要があるが、《ダーク・シムルグ》同様、強力なコントロール効果を持ち、《魔封じの芳香》で魔法・罠カードを封じる等、似たようなコンボができる。

  • 登場作品において―
    プロデュエリストのエキシビションマッチの「キッド・ウェスター対カセマアメ・ランヤ」においてキッドが使用。
    ランヤが《ガトリング・オーガ》によるワンターンキルを狙ってカードを5枚セットした瞬間を狙って特殊召喚され、自身の永続効果でトドメを刺した。
  • 英語名を直訳すると「早撃ちガンマン」。
    このモンスターの特徴そのまんまである。

登場作品

関連カード

関連リンク

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2021-04-07 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 743
  • today: 1
  • yesterday: 1
  • online: 1

edit