《ジェネクス・ウィザード・オブ・メンロパーク》


《ジェネクス・ウィザード・オブ・メンロパーク/Genex The Wizard of Menlo Park》

効果モンスター
星8/光属性/機械族/攻2600/守2400
このカードは自分の手札のチューナーを相手に見せることで
手札から特殊召喚できる。
このカードは融合素材・シンクロ素材として使用できない。
1ターンに1度、
自分の手札から「ジェネクス」と名のつくチューナー1体を特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚されたモンスターは、
「ジェネクス」と名の付くシンクロモンスターしかシンクロ召喚できない。
自分フィールド上にこのカード以外の機械族モンスターが存在する限り、
このカードは魔法・罠・効果モンスターの効果・攻撃の対象にされない。

 「DIMENSIONAL STORY マッチキルモンスターの脅威」で登場した光属性・機械族の最上級モンスター。
 自身を特殊召喚する召喚ルール効果とシンクロ・融合素材にできないルール効果、手札からジェネクスチューナーを特殊召喚できる起動効果、対象を取る効果への耐性の永続効果を持つ。

 最上級モンスターの割にはステータスが低めだが、手札にチューナーさえあれば簡単に特殊召喚できる。
 手札に見せたチューナーが「ジェネクス」であれば自身の効果でさっさと特殊召喚できるので、《マインドクラッシュ》を喰らう心配も少ない。
 ただし、このカード自身はシンクロ・融合素材に出来ないので若干アンチシナジーではある。
 しかし、見方を変えればコントロール奪取からのシンクロ素材にされない上、機械族の天敵《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》に吸収されないメリットにもなる。

 最後の効果である、対象を取る効果と攻撃への耐性はあって損はない程度。
 場持ちが良いのは嬉しいのだが、対象を取らないカードには無力なので《地砕き》《ブラック・ホール》等であっさり除去される事も少なくない。
 さらに、自分フィールド上に別の機械族モンスターが存在する必要がある為、そのモンスターを除去されてしまうと意味が無いのである。
 一方で、効果モンスターの除去効果の多くは対象を取る効果なので除去ビート軸の【フルモンスター】には強い。

 いずれにせよ【ジェネクス】にとっては数少ない召喚制限の無い上級モンスターである為、デッキに入れておく価値は在る。


  • 登場作品において―
    DIMENSIONAL STORY マッチキルモンスターの脅威の「リヒターVSエディアス」においてエディアスが使用。
    自身の効果で特殊召喚され、《ジェネクス・コントローラー》を特殊召喚した。
    その後、《緊急脱出装置》で手札に戻り、自身の効果で再度特殊召喚され手札から2枚目の《ジェネクス・コントローラー》を特殊召喚した。
  • 名前の由来は、発明王トーマス・エジソンの二つ名「メンロパークの魔術師」 (The Wizard of Menlo Park)。
    実際、試合の実況も「発明王メンロパークの魔術師が機械の体を得て復活だ!」と言っていた。
    さらに、このカードの使用者であるエディアス・トムソン(Edias Thomson)の名前も「トーマス・エジソン」(Thomas Edison)のアナグラムである。

登場作品

  • DIMENSIONAL STORY マッチキルモンスターの脅威

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【ジェネクス】
  • 【機械族】

関連カード

  • 《ジェネクス・コントローラー》

関連リンク

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-12-17 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 1184
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 3

edit