来生たかお Concert Tour '86 I Will…


来生たかお大百科コンサート

解説

オリジナルアルバムI Will...』のタイトルを冠した、歌手デビュー10周年記念のコンサートツアー。

全国40箇所で開催されたが*1、1986年10月1日が初日という記述がある一方で、同年8月23日、御殿場を皮切りにスタートするとの記事も存在する*2

来生は、シンセサイザーを大幅に減らし、音も見た目もシンプルなものにしたいと思ったという*3

9月3日、来生、マネージャー、舞台監督、レコーディング・ディレクター、プロデューサー、楽曲のアレンジを担当する松田真人が集まり、初めての打ち合わせが行われ、「シンプルに、若々しく」というコンセプトやステージのオープニングの演出等が決定した*4

9月9日、来生邸にて舞台監督やマネージャーと共に曲順や各演出等が話し合われた*5

9月10日、都内某所で舞台美術や照明、PA等の裏方の打ち合わせが行われた一方、来生はマネージャーとステージ衣装を選びに出掛けた*6

9月15日、目黒の喫茶店にて、来生、松田、マネージャーの3人で楽曲のアレンジの打ち合わせが行われた*7

9月22日、都内某スタジオに「スタートル」の面々が集まり、リハーサルが行われた。特に重点的に行われたのは「涼しい影」だった*8

9月25日から28日、箱根にて合宿が行われた。合宿はテニスから始まり、リハーサルは午後から別荘地内のスタジオで行われた。合宿の後半2日間は、通しリハーサルが行われ、1曲ごとに演奏時間が計られてアレンジが調整された*9

9月30日、都内某スタジオで通しリハーサルが行われた*10

ツアー初日、雨天の10月1日は、12時に来生やスタートルが会場入りをし、14時からの通しリハーサルは本番通りの衣装で行われた*11

オープニングでは会場にラジオの雑音が流れ、チューニングが合うと「Much more...」が流れ始まるという演出がなされ、ステージには「I Will...」と記された緞帳が掛けられた*12

はぐれそうな天使」「シルエット・ロマンス」(後者はボサノヴァ風)は、新たなアレンジが施され、「ハート・ブレイク・ウェイブ」ではミラーボールが使用された*13

ステージの途中で来生の衣装替えが行われ、前半は「カジュアルな英国風スタイル」、後半は「シックな大人のムード」だった*14

12月21日は移動日で、岩手県花巻市にてボーリング大会が行われた。1位、2位は地元のイベンター、3位は来生だった*15

翌1987年1月6日のリハーサルは、別の仕事で欠席したドラムの河野道生の代わりに江口信夫が参加した*16

ツアーパンフレットはA4サイズ、36ページで、来生自身によるオリジナルアルバム浅い夢』から『I Will...』までの解説、ディスコグラフィー、スタートルの紹介、「東京郊外団地派」と題した来生えつこのエッセイの他、野球やテニス、将棋の対戦、レコーディング風景の写真、オリジナルアルバムI Will...』、オリジナルシングルフェアウェル」の広告等が掲載されている。

コンサート会場では、1986年10月中旬に発売予定のテレフォンカードの案内チラシが配布された。

※愛知公演
主催:FM愛知、シェルハウス/後援:キティ、ポリドール

ツアースケジュール

日付会場開場/開演料金/席種備考
1986.10.01(水)東京都・立川市民会館18:00/18:30初日
1986.10.02(木)新潟県・上越文化会館
1986.10.?(?)北海道・旭川旭川または釧路でファンの集い「K氏との茶飲み会」開催
同地の「生姜ラーメン みづの」には「1986.10.16」付のサイン色紙が飾られている。
1986.10.?(?)北海道・釧路旭川または釧路でファンの集い「K氏との茶飲み会」開催
1986.10.28(火)神奈川県・神奈川県民ホール 大ホールツアーかどうかは不明
1986.11.?(?)長野県・長野市民会館
1986.12.10(水)大阪府・フェスティバルホールファンの集い「K氏との茶飲み会」開催
1986.12.18(木)愛知県・愛知厚生年金会館(ウェルシティなごや)/18:30S席3500円
1986.12.26(金)東京都・中野サンプラザホール
1986.12.27(土)東京都・中野サンプラザホール
1986.12.28(日)東京都・中野サンプラザホール
1987.01.08(木)福岡県・福岡市民会館ファンの集い「K氏との茶飲み会」開催
1987.01.09(木)熊本県・熊本市民会館
1987.01.22(木)宮城県・宮城県民会館最終日
「1月21日」と告知されている記事も存在する*17

出演

  • Vocal, Piano, Electric Piano, Electric Guitar:来生たかお/Keyboards:松田真人、柿崎洋一郎/Guitar:鳴海寛/Electric Bass:多田文信/Drums:河野道生

1987.01.08(木)/1987.01.09(金)

  • Vocal, Piano, Electric Piano, Electric Guitar:来生たかお/Keyboards:松田真人、柿崎洋一郎/Guitar:鳴海寛/Electric Bass:多田文信/Drums:江口信夫

コンサートスタッフ

  • Stage Designer:Tadashi Mori(金井大道具)/Lighting Director:大喜多幹弘(OFFICE 215)/Lighting Technician:Isamu Sakazaki(OFFICE 215)/Concert Mixer:大坪仁信(SOUND MAN)/Stage Manager:木島隆(KITTY ARTISTS)/Stage Technician:Keiji Mukoube(KITTY ARTISTS)/Transport:Hirofumi Maeda(SUNPLANT)/Costume:Gum Gum inc./Personal Manager:竹脇隆(KITTY ARTISTS)/Stage Director:柴田幹夫(KITTY ARTISTS)/Producer:堀江芳春(KITTY ARTISTS)、角野禎(KITTY ARTISTS)

ツアープログラムスタッフ

  • 来生たかお & えつこ、Iwao Shirota、Naoko Mogi、宮崎真哉、竹脇隆、渡辺智加
  • Special Thanks to BECAUSE、KITTY MUSIC CO.、KITTY RECORDS INC.、KITTY IZU STADIO
  • Photo by Masanori Yamaguchi/Designed by SOSAKUKAN/Printed by PROCESS

セットリスト

1986.12.10(水)

オープニング曲=Much more...

  1. WE WILL
  2. 夢の途中
  3. そっとMIDNIGHT
    MC
  4. 夏色の彼方
  5. 恋のHard days
  6. Simply
    MC
  7. 浅い夢
  8. 涼しい影
    衣装チェンジ
  9. 涙嫌い
  10. 夢の加速
    MC
  11. フェアウェル
  12. 幸福
  13. はぐれそうな天使
  14. 今のままでいて
  15. 夢の肌
  16. ハート・ブレイク・ウェイブ(※間奏でメンバー紹介)
  17. 窓を開けますか
  18. これから始まる物語
    花束贈呈
  19. シルエット・ロマンス
  20. Goodbye Day

※20,21:アンコール
※3,16:Electric Guitar/6:Electric Piano/7:Piano Solo/8:Piano Solo + スタートル(エンディングから)/11〜15,17,18,20?:Piano

関連アルバム


*1 『JUNON』1986年10月号“子供のために、がすべての来生たかお研究”(主婦と生活社/1986)
*2 『JUNON』1986年10月号“子供のために、がすべての来生たかお研究”(主婦と生活社/1986)
*3 『?』1986年?月号"僕には、音楽がいちばん"(?/1986)
*4 オフィシャルファンクラブ「TAKAO CLUB」の会報『HEAD ROCK』1984年5月25日号 VOL.36(キティ・ミュージック・コーポレーション/1984.05.25)
*5 オフィシャルファンクラブ「TAKAO CLUB」の会報『HEAD ROCK』1984年5月25日号 VOL.36(キティ・ミュージック・コーポレーション/1984.05.25)
*6 オフィシャルファンクラブ「TAKAO CLUB」の会報『HEAD ROCK』1984年5月25日号 VOL.36(キティ・ミュージック・コーポレーション/1984.05.25)
*7 オフィシャルファンクラブ「TAKAO CLUB」の会報『HEAD ROCK』1984年5月25日号 VOL.36(キティ・ミュージック・コーポレーション/1984.05.25)
*8 オフィシャルファンクラブ「TAKAO CLUB」の会報『HEAD ROCK』1984年5月25日号 VOL.36(キティ・ミュージック・コーポレーション/1984.05.25)
*9 オフィシャルファンクラブ「TAKAO CLUB」の会報『HEAD ROCK』1984年5月25日号 VOL.36(キティ・ミュージック・コーポレーション/1984.05.25)
*10 オフィシャルファンクラブ「TAKAO CLUB」の会報『HEAD ROCK』1984年5月25日号 VOL.36(キティ・ミュージック・コーポレーション/1984.05.25)
*11 オフィシャルファンクラブ「TAKAO CLUB」の会報『HEAD ROCK』1984年5月25日号 VOL.36(キティ・ミュージック・コーポレーション/1984.05.25)
*12 オフィシャルファンクラブ「TAKAO CLUB」の会報『HEAD ROCK』1984年5月25日号 VOL.36(キティ・ミュージック・コーポレーション/1984.05.25)
*13 オフィシャルファンクラブ「TAKAO CLUB」の会報『HEAD ROCK』1984年5月25日号 VOL.36(キティ・ミュージック・コーポレーション/1984.05.25)
*14 オフィシャルファンクラブ「TAKAO CLUB」の会報『HEAD ROCK』1984年5月25日号 VOL.36(キティ・ミュージック・コーポレーション/1984.05.25)
*15 オフィシャルファンクラブ「TAKAO CLUB」の会報『HEAD ROCK』1987年1月25日号 Vol.67&68“TAKAO CLUB VOL.38”(キティ・ミュージック・コーポレーション/1987.01.25)
*16 オフィシャルファンクラブ「TAKAO CLUB」の会報『HEAD ROCK』1987年1月25日号 Vol.67&68“TAKAO CLUB VOL.38”(キティ・ミュージック・コーポレーション/1987.01.25)
*17 『JUNON』1986年10月号“子供のために、がすべての来生たかお研究”(主婦と生活社/1986)