来生たかお 45th Anniversary Concert Tour 2021 Acoustic Tracks


来生たかお大百科コンサート

解説

2015年から恒例になった、タイトルに「Acoustic Tracks」を冠した、歌手デビュー45周年記念のコンサートツアー。

当初は2021年3月から4月に掛けてスタートする予定だったが、新型コロナウィルス感染症の影響により、8月からに変更された*1

本ツアーに先駆けてリリースされた企画アルバム追憶』から、全曲が披露された。

美術

MC用のサイドテーブルにはアンティーク調のスタンドライトが置かれ、MC時等で適宜、点灯された(山形公演では常時点灯)。

楽曲

オープニング時、来生は「トワイライト〜夕暮れ便り〜」のイントロが流れ始めてから登場した。また、サビでは掌を胸の前で左から右へと動かすアクションが取り入れられた。

トワイライト〜夕暮れ便り〜」「夏の落書き」「P・R・E・S・E・N・T」「僕等のダイアリー」「風の気持」「永遠…」は、眼鏡を外し、プロンプターで歌詞を確認しながらスタンドマイクで歌った。

悲しいくらいほんとの話」は、1番、2番共に最後にスキャット(Nh〜)が付けられた。

この年に亡くなった小林亜星に因み、開演前や終演後のBGMに「過ぎ去りし日々」が流され、アンコールでは「ギターをひこう」が歌われた。

ギターは、アコースティックギターとセミアコースティックギターが使用された。

通常のドラムセット他、カホンやウィンドチャイム等のパーカッションも用いられ、「時を輝かせて」「つまり、愛してる」「らぶ・れたあ」「窓辺の女(ひと)」「浅い夢」「ギターをひこう」ではカホンが使用された。

その他

衣装は、裾が長目のグレー系のベストを着用した。

2021年9月5日、オフィシャルサイト内にて、観覧客によるコンサート会場での出待ち行為や、公共交通機関内における出演者への接触行為等に関して注意を促す「大切なお知らせ」が(同年12月24日まで)掲示された。

+  グッズ等

各公演

+  ...

スケジュール

+  ...

出演

  • Vocal, Piano:来生たかお/Keyboards:山崎教昌/Acoustic Guitar, Electric Guitar, Chorus:RYUMEI/Drums, Percussions:桜井正宏

セットリスト

2021.08.14(土)

+  ...

2021.08.15(日)

+  ...

2021.08.21(日)

+  ...

2021.08.28(日)/2021.09.04(土)

+  ...

2021.09.09(木)/2021.09.24(金) /2021.10.08(金)

+  ...

配信

関連アルバム


*1 来生たかおオフィシャルサイト“40th Anniversary 40周年記念特集「ああ!アァ!嗚呼!」”(2021.05.04)
*2 プロンプターに不具合があったと思われる。
*3 柳原陽一郎オフィシャルサイト『Yananet』“Blog 後悔日誌 8/21/2021”(2021.08.21)
*4 提供予定歌手は郷ひろみの事だと思われる(来生夫人の言〈2021.04.28〉から類推)。
*5 アカペラ/さわりのみ
*6 アカペラ/さわりのみ
*7 アカペラ/さわりのみ