中学校の理科では、100gにかかる重力が1Nと習ったのに、高校と違う


中学校の理科では、100g に 1N の重力がかかる、と習って計算していたのに、高校で「質量 x 重力加速度 = mg」とならい、重力加速度には 9.8 m/s^2 を使いだす。そうすると、100g にかかる重力は、 0.1 [kg] x 9.8 [m/s^2] = 0.98 [N] となる。

これは、中学校では、計算を簡単にするために、だいたい 1 Nとして使っていただけ。 しかも、中学生の知識では、加速度、運動方程式、重力加速度なんてわからないから、これ以上は説明できなかったので、意味もわからず覚えさせられていただけ。

ということで、100g にかかる重力、100g重= 1[N] というのは忘れよう!!

高校になったら、物体にかかる重力は、質量[kg] x 重力加速度[m/s^2] = mg となる。 g には、9.8 を使うから、9.8 x 質量で計算すれば、その物体にかかる地球上の重力が計算できるよ。

もう一回計算してみよう。

100gにかかる重力は、0.1 [kg] x 9.8 [m/s^2] = 0.98[N]、

FrontPage

最新の20件

2014-11-10 2014-11-09 2014-11-08 2014-11-07
  • 中学校の理科では、100gにかかる重力が1Nと習ったのに、高校と違う
2014-11-03 2011-03-19

今日の1件

  • 中学校の理科では、100gにかかる重力が1Nと習ったのに、高校と違う(1)

  • counter: 17447
  • today: 1
  • yesterday: 11
  • online: 1