2004 / 12 / 02 六本木七丁目ビル米国人会社経営者殺人


六本木七丁目ビル米国人会社経営者殺人

12月2日(木)午後11時10分ころ、港区六本木7丁目17番先ビル内で
殺害事件が発生しました。

発生場所 東京都港区六本木7丁目17番先 ビル内
被害者  外国人男性(34歳)

東京都港区六本木で起きた、米国人男性が刺殺された事件などを受けて、米国大使館は
日本に在住する米国人らに対し、「繁華街・六本木に行くと犯罪に巻き込まれる恐れがある」
として、ホームページで異例の警告を出している。
「六本木に関する心配」と題するその警告文書では、先頃の米国人男性刺殺事件のほか、
米国人を含む6人の外国人が六本木でヘロイン中毒となり、うち3人が死亡したと報告。
また、複数の米国人が六本木のバーやクラブで旅券を盗まれる等の被害が報告されている
として、「六本木を訪れる場合は十分用心してほしい」と、警鐘を鳴らしている。
米政府によると、「六本木では過去1年間に、米国人の旅券盗難の被害が少なくとも10件は
あったという。米国人の旅券が高額で売買されていた事実も確認されている」という。
警視庁
2001〜2004

  • counter: 5722
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 2

最新の20件

2017-11-25 2017-11-16 2017-10-12 2017-04-24 2017-03-07 2015-06-21 2014-09-24 2014-09-19 2013-03-07 2016-04-17 2016-05-29 2016-02-08 2015-11-23 2015-11-15 2015-11-04

今日の10件

  • counter: 5722
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 2