2004 / 02 / 05 老女撲殺事件 島根県・浜田市


老女撲殺事件

「どんなささいな事でも」と警察

浜田市黒川町、岡村登喜子さん(当時77歳)が自宅で何者かに殴られ、搬送先の病院で死亡した
殺人事件から1年が経つ。浜田署捜査本部は60人体制で捜査を続けているが、情報は乏しい。
5日は犯行時間帯の午前9時半から2時間、現場近くでビラを配って情報提供を呼びかける。
これまでの調べでは、昨年2月5日午前11時50分ごろ、帰宅した岡村さんの長男が、自宅居間で
顔から血を流して倒れている岡村さんを見つけた。
3日後の8日、岡村さんは頭部を数回鈍器で殴られたことによる急性硬膜下血腫で死亡した。
室内が荒らされた形跡もあり、強盗容疑の可能性もあるが、室内の現金は手つかずのままだった。
室内にあった鈍器で殴られた可能性が高く、家族以外の足跡が採取されたことなどが分かっている。
岡村さん宅は浜田市中心部の交通量の多い市道に面しているが、事件当時は小雪が
ちらついたうえに風も強く、不審者の目撃情報など有力な情報や残された物証も少ない。
浜田署の扇畑隆吉副署長は「1年たったが、事件の事は忘れないでほしい」と話し、ビラを通じ
「現場付近で普段見かけない人や車を見た、不審な物が落ちているのを見た、など、
どんなささいな事でも情報を」と呼びかけている。
毎日新聞 2005年2月5日
2001〜2004

  • counter: 5964
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 4

最新の20件

2017-11-25 2017-11-16 2017-10-12 2017-04-24 2017-03-07 2015-06-21 2014-09-24 2014-09-19 2013-03-07 2016-04-17 2016-05-29 2016-02-08 2015-11-23 2015-11-15 2015-11-04

今日の10件

  • counter: 5964
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 4