《ロストメモリー・ベースメント》


《ロストメモリー・ベースメント》

カードデータ


カード名ロストメモリー・ベースメント効果:
このカードがスクエア以外からスクエアに置かれるにあたり、あなたは数を1つ指定する。
このカードと同じラインのスクエアにあるすべての使用コストが指定された数と等しいユニットに以下の能力を与える。『このカードはスマッシュできない。』
属性-
種別ベースタイミングクイック
使用コスト白2


ゲーム外カードデータ

収録セットNo.レアリティフレーバーテキストIllustration
IV-2IV-2 080/105Common?ペンラムとゼロは数百年にわたる廃棄物の地層を調査し続け、ついに5人の王に関わる情報を見つけ出した。Hirokorin?


解説

 IV-2 禁じられし邂逅にて登場した、軽量?ベース?
 スマッシュ?抑止効果を持つ。

 特定のスマッシュ?を封じ守りに特化している。
 このカードのCIP時に、数を指定しその数のコストを持つユニットスマッシュ?を完全に封じてしまう。
 このカードのライン?からでは特定の使用コストから一切のスマッシュ?を受けないので、このカードがあるだけで安全度は増す。
 特に除去?や対処手段が無い状態で相手ユニットスマッシュ?しようと意気揚々と攻め込んできた場合に。一時的な抑制、また移動の強制へと繋がるため見た目以上の置かれると厄介。
 他には、ウィニー型など一部のコストに大きく偏っている相手にはかなり面倒なカードにもなってくれる。

 似たようなスマッシュ?抑止ベース?《武装解体所》がある。
 過程や実質的な効力、プラント?依存という差異はあるがスマッシュ?抑止可能範囲で行けばあちらの方が上。
 使用コストの色拘束もやや辛いところもあり、このコスト帯なら《ソーラービーム・サテライト》という汎用性の高いものもある。

 このカードを使っていくならこちらにしかない魅力で使って行きたい。
 ベース?としてはパンプアップ?なども持っていないが、汎用性そのものは高い。
 相手のユニット進攻に合わせて置く事でその場しのぎではあるものの防ぎきるのも可能であり、置いておけばそれなりの防壁として機能してくれる事もある。
 特定のデッキにて積極的に採用するものでは無いが、ベース?依存ではないデッキでスロットが余った程度なら十分入れておける範囲。
 見た目では扱いが難しく効き目も弱そうではあるが、スマッシュ?完全抑止という地味な怖さを見せ付けてくれる事もあるので上手く使っていこう。

関連ページ



外部リンク

コメント欄