Event Information


はじめに

COP10まで100日を切り、いよいよ動きが激しくなってきました。
このページでは、日本各地で行われる予定の各種イベントを告知・紹介するページと位置付けています。
自分が参加している団体でメーリスが回ってくることもあるかと思いますが、今後の活動に役立ちそうなイベントがありましたら、どんどんこの場で流してください!!

投稿方法

以下の欄に、そのまま書くだけで大丈夫です。
別途ファイルがある場合は、

  • 先に、上の「添付」ボタンより該当ファイルを貼り付けた後に、
  • 紹介文を以下の欄に書くようにしてください。
    このときファイルを表示させるためには、#ref(ファイル名.拡張子(pdf,doc,docx,jpg等));と書いてください。
  • 名字と名前の間は間をあけず、詰めて記入してください。

10/16(土)「おかげさま宣言!」〜生きものたちの集い

たに? (2010-09-30 (木) 11:05:06)


近代文明の象徴であるコンクリート・ジャングル、東京。
その中で、藁ブロックを内装に使い、いのちに寄り添った食材を提供するカフェスローにて、「生きものたちの集い」を開きます!

今回のイベントは、今秋のナマケモノ倶楽部の一大イベント、「Life Speaks Tour〜いのち集い、ここに歌う」のメインイベント。環境シンガーソングライターとして、数えきれない人々に自然とのつながりなおしのきっかけを届けてきたアンニャ・ライトさんがオーストラリアより来日します。

ナマケモノ、馬、カカオの木・・・、地球上に暮らすさまざな生きものをお招きし、彼らの声に耳を傾けながら、生きものとしての人間を取り戻していきます。

互いのいのちを支え合っている「おかげさま」なシステム(生態系システム)に感謝するきっかけとなりますように。

 〜当日は、地場の旬の野菜をたっぷり使ったカフェスローのスローフードもご用意しております。 (ご料金は別途となります)あわせてお楽しみください!

日時:2010年10月16日(土)一部13:00〜17:00、二部18:00〜20:30
一部13:00〜17:00 【さまざまな生きものたちの声に耳を傾けてみよう!】
・生きものの声プレゼンター登場!(10〜15組予定)
・ゲストによるパネルトーク(司会:辻信一)
二部18:00〜20:30 【生きものたちのパーティ♪】
・オープンマイク
・音楽ライブ(アンニャ・ライト、松谷冬太)

場所:カフェスロー (JR国分寺駅南口より徒歩5分)
ホスト:辻信一(文化人類学者、環境運動家)
     アンニャ・ライト(シンガーソングライターナマケモノ倶楽部共同代表)

特別ゲスト:中村隆一((株)ウィンドファーム代表)
        貝澤耕一(アイヌ民族、NPO法人チコロナイ理事長)
音楽:アンニャ・ライト
    松谷冬太(シンガー) 
参加費:一部 予約2,000円、当日2,200円
    二部 予約1,300円、当日1,500円 共に1ドリンク付き

主催 :ナマケモノ倶楽部
お申込:カフェスロー(下のウェブフォームより)
http://www.cafeslow.com/apply.html


「原宿表参道・まち歩き・風歩き・いきもの歩き〜2010.秋〜」

小塚高広 (2010-09-29 (水) 15:44:34)

一星さんからのメーリスより転送
↓↓↓


 先日プレゼンにもアドバイス頂いた飯島さんのアサザ基金のまちあるきとトークライブです。会場はアクセスもよく気軽に参加できそうなので、よかったら足を運んでみて下さいっ


 飯島さんかっこいいよね。


■--------------------------------------------------------------■
「原宿表参道・まち歩き・風歩き・いきもの歩き〜2010.秋〜」
脱温暖化・生物多様性保全へ向けた都市文化の創造
■--------------------------------------------------------------■

10月には日本でCOP10が開催されるなど、国内のみならず世界からも生物多様性への関心が高まりつつあります。
温暖化防止へ向けた取り組みも避けては通れない時代に、この表参道という場所で子どもや若者を対象としながら、「生物多様性」「脱温暖化」をキーワードとした新しいブランド価値を創出し発信していくことを目指すプロジェクトを企画しました。
時代の新しい文脈(物語)が生まれ価値が創造される場である原宿表参道を起点に、都市へと風の道・生きものの道を広げる取り組みを展開しています。

このプロジェクトの一環として、COP10の開催にあわせ、10月にイベントを開催します。
8月に続き、2回目の開催になります。

(1) 風船ウォーク「まち歩き・風歩き・いきもの歩き〜2010.秋〜」
 日時:2010年10月17日(日) 10:00〜/15:00〜(雨天の場合は24日に延期します)
 集合場所:神宮橋(原宿駅「表参道口」から明治神宮へ向かう途中にある橋)
 定員:各回50名
 ★当日のボランティアスタッフも募集中!
  ご興味をお持ちの方は、ぜひスタッフとしてご参加下さい。
 
(2) 風船トークvol.2「デザインが里山の竜を目覚めさせる」
 日時:2010年10月5日(火) 19:00〜21:00 開場18:30
 場所:アップリンク・ファクトリー(渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1F)
登壇者:飯島 博(NPO法人アサザ基金 代表理事)
    鹿庭 江里子(CHANGE THE WORLD LLC Co-Founder, Director)
    河村 和紀(映像作家)
    坂野 世史生(イベント企画 ナナハン 代表)
    他、若干名調整中
 定員:50名
 参加費:1000円(1drink込み)


参加申込み・お問合せはNPO法人アサザ基金までお願いいたします。
NPO法人アサザ基金 (担当:向井・坂田)
     TEL: 029-871-7166 FAX: 029-871-7169

         Mail; asaza@jcom.home.ne.jp


主催:原宿表参道・まちエコキッズ・ネットワーク
共催:商店街振興組合原宿表参道欅会
HP: http://www.kasumigaura.net/asaza/omotesando/index.html

  1. -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

    第1弾として8月に行ったイベントでは、明治神宮の大きな森から街に流れ込む涼風や生き物の道を感じながら表参道を歩き、新たな文脈で都心に潜在する価値の発見を行いました。
    さらに、このまちをずっと観てきた先達(風や生きものの道を知っている昔の子ども)の物語や、表参道に暮らす生き物たちの暮らし、表参道の今をつくる人たちの物語を、「風船トーク」で語り合い、21世紀の世界へ都市の未来図「脱温暖化・生物多様性保全へ向けた都市文化」を発信し、風の道・生きものの道を広げる具体的な取り組みへつなげていくことで、都市に変容をもたらしていくことを目指しています。
    第1弾イベントでは「風船トーク」、「風船ウォーク」80名の方にご参加いただご好評のうちに終了いたしました。
    第1弾の様子はコチラをご覧ください↓
    HP: http://www.kasumigaura.net/asaza/omotesando/event/index.html

国際基督教大学社会科学研究所「国際生物多様性年シリーズ公開講演」

小塚高広 (2010-09-19 (日) 08:37:58)

公開講演のお知らせ
「国際生物多様性年シリーズ公開講演」
(使用言語:日本語、場所:本館260[変更]) http://icussri.wordpress.com/jp/


  • 9月10日(金)16:30-17:40
    生物多様性とバイオセーフティ(大河原雅子・参議院議員)

  • 9月17日(金)15:10-16:20
    生物多様性をめぐる科学と政治(石井敦・東北大学准教授)

  • 9月17日(金)16:30-17:40
    生物多様性と森林(香坂玲・名古屋市立大学准教授)

  • 9月24日(金)16:30-17:40
    生物多様性と気候変動(太田宏・早稲田大学教授)

  • 10月1日(金)15:10-16:20
    生物多様性をめぐる国際関係学(毛利勝彦・国際基督教大学教授)

  • 10月8日(金)15:10-16:20
    生物多様性と水・食料(佐久間智子・アジア太平洋資料センター理事)

  • 10月15日(金)16:30-17:40
    生物多様性と遺伝資源(隅藏康一・政策研究大学院大学准教授)

  • 10月22日(金)15:10-16:20
    生物多様性と地域開発(高橋進・共栄大学教授)

  • 11月予定(日時場所未定)
    生物多様性と金融・民間参画(粟野美佳子・WWFジャパン生物多様性条約担当)


参加者募集! COP10参加者向けガイダンス

小塚高広 (2010-09-15 (水) 04:17:27)

今年、「生物多様性条約第10回締約国会議」(CBD・COP10)が、名古屋で開催されます。
世界各国から関係者が集結し、地球のこれからの10年を話し合う、重要な国際会議。多くの市民団体がCOP10に向けた準備をしています。

とはいえ、国際会議場内外で行われるイベントとCBD-COP10で話題となる多くのテーマ、その意思決定プロセス、条約の全体像を把握するのは難しいのが実情です。COPに対し参加者・市民がどのようにかかわれるかも重要な関心事でしょう。

そんな疑問にお答えする、ガイダンスを開催します。
前回ドイツで開催されたCBD-COP9にも代表を派遣し、IUCN日本委員会事務局を務めるNACS-Jならではの情報満載。ぜひ、ご参加ください。

【内容・予定】

  • 参加者なら絶対押さえたいCBD-COP10の基礎
  • 生物多様性条約の3つの目的/今回の会議でやること・決めること/事前会議の動向
  • 新・戦略目標は5本柱/その他の重要な話題
  • COP10を10倍活かす方法
  • 事前情報はどうやってチェックする?/当日、現地でどういう動きをすればよい?
  • 意思表示をしよう
  • “ポジションペーパー“とは/NACS-Jのポジションペーパーの紹介

    ■日時:2010年9月30日(木)
    昼の部 13:00〜15:00 夜の部 19:00〜21:00
    ■場所:NACS-J会議室 (東京都中央区新川/地下鉄・茅場町 徒歩7分)
    ■定員:各45名(先着順)
    ■参加費(資料代):500円
    *NACS-J会員の方で、会報『自然保護』9/10月号(特集「COP10 ここに注目!
    5つのポイント」)をご持参の場合は無料。
    ■講師:
    道家哲平(NACS-J保全研究部・国際担当)、
    大野正人(NACS-J保護プロジェクト部)ほか
    ■お申し込み方法:
    〇疚勝↓昼の部・夜の部の希望、住所、ぅ瓠璽襯▲疋譽后↓NACS-J会員か否かを明記して下記へ。
    メールの場合は、件名:COP10ガイダンス参加希望で。
    ■申し込み先:NACS-J・COP10ガイダンス係
    メール shimura@nacsj.or.jp  ファクス 03-3553-0139

    ――――――――――――――――――――――――――
    主催:(財)日本自然保護協会(NACS-J)
    tel.03-3553-4101 fax03-3553-0139  http://www.nacsj.or.jp
    104-0033東京都中央区新川1-16-10ミトヨビル2F
    日本自然保護協会は、1960年にIUCN(国際自然保護連合)に加盟、1988年からIUCN日本委員会を担当。世界的な動向を日本に紹介するとともに、IUCN総会で決議文を提案してきました。
    後援: CBD市民ネット

ポスト2010年目標シンポジウム

小塚高広 (2010-08-17 (火) 09:53:17)

むっちょから流れたE.C.O.内のメーリスより転載

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2010年9月4日(土) 13:00〜17:00

ポスト2010年目標シンポジウム
〜ユースから生物多様性の未来を考える〜

@YMCAアジア青少年センター

主催:国際青年環境NGO A SEED JAPAN
共催:がけっぷちの生物多様性キャンペーン実行委員会
環境NGO 全国青年環境連盟(エコ・リーグ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□■

現在、生物の絶滅が年間4万種という驚異的なスピードで進んでいます。

2050年までにほぼ全てのサンゴ礁がなくなり、さらに2100年までに生物多様性のなんと90%が失われる可能性まで指摘され、クロマグロなど私たちの生活に関わりのある生物の絶滅も危惧されています。

生物多様性が失われるということは、私たちの未来が無くなるということでもあります。
このように生物多様性と私たちは“がけっぷち”に立たされています。


しかし、この大問題に対してまだまだ正しい認識が作られておらず、すなわち解決のための取り組みも十分ではありません。


私たちは、今年10月に名古屋で生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が
開催されるというこのタイミングに、全国のユースの声を集め、力を合わせて大きなムーブメントを日本政府や国際社会に対して起こすことが必要だと強く感じています。

ポスト2010年目標は、私たちユースと生物多様性の未来を決める大事な目標です。
しかしながら、まだ多くのユースはポスト2010年目標を知らず、この重要な目標の策定に無関心なユースが多いのも現状です。


本シンポジウムでは、ユースのポスト2010年目標への理解を深め、またこの目標に向けたユースとしての主張を参加者とともに考え、その主張を政府の主張に反映させることを目的とします。
次世代を担うユースとして、アクションを起こしていきたい皆様の参加をお待ちしています。


■■開催概要━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
【日時】
2010年9月4日(土) 13:00開演、17:00閉演

【場所】
YMCAアジア青少年センター
〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-5-5
JR水道橋駅徒歩6分、御茶ノ水駅徒歩9分、地下鉄神保町駅徒歩7分
http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/

【参加費】
学生:500円
社会人:1000円
A SEED JAPAN/エコ・リーグ会員:500円
(事前のお申込みが必要です http://bit.ly/bJGXAz


【プログラム(予定)】
12:30 開場

13:00 開会・挨拶

13:10-14:30 【第一部】基調講演
「生物多様性の問題点とポスト2010年目標について」吉田正人氏(生物多様性条約市民ネットワーク共同代表)
「ポスト2010年目標の論点について日本政府の提案」環境省担当者(未定)

14:30-14:45 休憩

14:45-15:45 【第二部】ユースによる提言
ポスト2010年目標の中でも重要な4つの個別目標(詳細は以下に記載)をメインに、ABS及びミッション内容についてユースとしての主張を提言する。

15:45-16:45 【第三部】パネルディスカッション
ユースの提言を受けて、日本政府としてどのようなスタンスでCOP10に臨むべきかを議論する。コーディネーター:道家哲平氏(日本自然保護協会)

16:45-17:00終了予定


【取り上げる個別目標】
私たちがポスト2010年目標において、特に問題意識を持ち政府に提言する項目は、以下に挙げる項目である(予定)。
目標5:森林を含む生息域の損失速度を減らす
目標10:気候変動その他の悪影響を最小化する
目標11:保護地域を通じて生物多様性が保全される
目標17:効果的で参加型の国家戦略を策定する
これらの項目に関して、政府の主張がより意欲的なものになるように提言する。
またミッション内容についても提言する。


■■申し込み━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
下記の参加申し込みフォームからお申し込みください。
http://bit.ly/bJGXAz (クリックすると申込フォームへ移動します)

申し込み〆切:2010年8月28日(土)

※今回ご提供いただく個人情報は、 A SEED JAPANが主催する各種イベント等に関する情報提供とそれらに付随する諸対応に使用させていただく場合があります。取り扱いに関するご質問・ご要望がございましたら、事務局までお問い合わせください。
※A SEED JAPANのプライバシーポリシーは以下のURLをご覧ください。

http://www.aseed.org/privacy.html



■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

【連絡先】
国際青年環境NGO A SEED JAPAN(担当:森下、三本)
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-23
TEL:03-5366-7484  FAX:03-3341-6030
E-mail:info@aseed.org


【主催団体紹介】
┏┓★ 国際青年環境NGO A SEED JAPANとは
┗╋…… http://www.aseed.org/
地球サミット(1992年)に青年の声を届けよう!という想いから始まった国際青年環境NGO。大量生産・大量消費・大量廃棄のパターンの変更と、南北間・地域間・世代間の格差のない社会を実現するために、未来の世代を担う青年自らが行動を起こしています。

【共催団体紹介】
┏┓★ がけっぷちの生物多様性キャンペーン実行委員会とは
┗╋…… http://youthbiodiversity.jimdo.com/about-us-1/
これからの時代を担っていくユースとして生物多様性が危機に瀕している現状を重く受け止め、生物多様性の損失を止めるために、生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)においてより野心的で有効な決定を目指している。

┏┓★ 環境NGO 全国青年環境連盟(エコ・リーグ)とは
┗╋…… http://portal.eco-2000.net/
1994年に設立された、全国各地で環境活動を行う団体・人をつなぐ環境NGO。「何か活動したい!」「情報を得たい!」といった思いを持つ人々にとって、
・探し求めるものが見つかる
・青年の環境活動を互いに発展、活性化することができる
エコ・リーグはそのような「場」をつくり、持続可能な社会の実現へとつなげていきます。
現在約150団体3000名をネットワークしています。

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

※本シンポジウムは地球再生保全機構 地球環境基金の助成を受けて開催しています。


「生物多様性」とは何か −都市動物から学ぶこと−

小塚高広 (2010-08-16 (月) 14:27:16)

引地君からのメーリスより引用


「生物多様性」とは何か −都市動物から学ぶこと−

日時:9月2日(木)午後1時〜4時
会場:環境学習情報センター・新宿中央公園
内容:新宿中央公園での生き物観察と講演
持ち物:帽子、飲み物、筆記用具
講師:プロナチュラリスト 佐々木 洋 氏

申込方法:Eメール:http://www.shinjuku-ecocenter.jp/apply.html よりお申し込みください
申込締切:2010年8月31日 必着
※応募者多数の場合は先着順となります。定員40名

生物多様性とは、生きものがもつ“個性”と“つながり”のこと。この「いのち」と「暮らし」を支える生物多様性を、私たちは自らの手で危機的な状況に陥らせています。すべてのかけがえのないいのちを守り、その恵みを受け続けていけるように、今、行動することが必要なのです。
※ポスターより引用


ぜひみんなで参加しませんか?
申し込みは各自でお願い致します。
参加申し込みをした方は引地まで連絡を下さい。
よろしくお願いします。


朝日地球環境フォーラム

小塚高広 (2010-07-20 (火) 20:11:17)

朝日地球環境フォーラムの情報です。
まだ以下の内容は仮のものですが去年はここで前首相が初めて25%削減の演説をしたようでホテルオークラで大々的に行われます。
私はサークルと人と一緒に行く予定でいます。

参加費は無料です!

「朝日地球環境フォーラム2010」
主催:朝日新聞社       共催:テレビ朝日
協力:環境省、NDEO等
協賛:NTT、トヨタ自動(昨年実績と今年の予定)
日時:2010年9月13日(月)、14日(火)
会場:ホテルオークラ
聴衆:政府関係者、大使館関係者、企業経営者、企業関係者、NPO、NGO関係者、学術関係者、一般読者ほか(2日間で2,000〜3,000人程度を想定)

第1日(9月13日)~

  • オープニングスピーチ(12:30〜)
  • 基調講演(13:00〜)
    • オランダ皇太子 「人類が抱えるグローバルな水問題/気候変動の影響」(仮)
    • メキシコ環境政策担当者「COP16の展望/ポスト京都議定書の課題」(仮)
  • パネルディスカッション(15:00〜18:00)
    −水が象徴する世界的な環境問題/安全保障、異常気象、食糧問題、エネルギー情勢、最新技術とビジネスへのインパクト―
    参加パネリスト
    • シンガポール水処理企業ハイフラックスCEO   オリビア・ラム氏
    • 経済同友会副代表幹事、武田薬品工業社長    長谷川 閑史氏
    • 中国国務院参事                石 テイカン氏
    • 米CNASシニアアドバイザー           パトリック・クローニン氏

第2日目(9月14日)~

分科会(テーマごとにパネルディスカッションと特別講演。以下テーマは仮)
3会場で平行開催。各会場とも10:00〜18:00

[第1分科会]環境外交と国内政策/産業界の役割
[第2分科会]エネルギー戦略と原子力/代替エネルギーの役割
[第3分科会]水を守る暮らし/ヒマラヤと中国・インド・日本の役割
[第4分科会]森と水の恵み/COP10をにらんで
[第5分科会]スマートグリッドが変える社会
[第6分科会]モビリティ社会の未来像/鉄道網、電気自動車
[第7分科会]ゼロエミッション都市/社会の形、再生可能エネルギー
[第8分科会]企業はどのように変っていくか/企業の役割、CSR
[第9分科会]最新環境ビジネスと政策へのインパクト(英語シンポジウム)

  • 2日目の分科会に参加してきましたので、基金と絡めて後日FBします。 -- 小塚高広 2010-09-15 (水) 04:19:31